今日も空は青いですが、あなたの空は青いとは限らない。
そんな時のために自動車保険の任意保険があります。

自動車保険とは

1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s

 

自動車保険とは、車に乗っていて事故を起こした時などに被った損害を補償してくれるものです。自動車保険には、強制保険の「自賠責保険」と、任意で加入する「任意保険」の2種類があります。

 

 

●自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険と任意保険の違いは、先程も書いたように強制加入か任意加入という違いがありますが、補償の内容が全然違います。

自賠責保険というのは、あくまで事故を起こした時の被害者に対する最低限の補償でしかなく、補償対象となるのは対人のみとなるので、対物の場合やこちら側が被害を被った場合は補償対象となりません。そのため、自賠責保険だけで損害をすべて補償できるとは限らないのです。

その点任意保険は、対人だけでなく対物もこちら側の補償も、契約内容によっては車両の補償も受けることができます。さらに、対人や対物を補償する場合、契約内容次第では無制限まで補償を受けることができるのでとても安心です。

詳しい補償内容の説明は「任意保険の基礎知識」の下の方にある「補償内容の種類」をご覧ください。

・自賠責保険・・・補償対象は対人のみ(傷害時で最大120万円、死亡時で最大3,000万円、後遺障害の程度に応じた等級によって75万円~4,000万円)
・任意保険・・・補償対象は対人・対物・自分自身・車両など(対人・対物・自分自身は補償額は最大で無制限まで)

 

 

●任意保険は必要?

任意保険は必要です。事故の内容によっては損害賠償が高額となり、1億円を超えることもあります。このような高額な金額を貯金などで簡単に補えるという方は、別に任意保険に加入したくなければしなくても良いですが、大概の方はそうではないと思いますので、万が一の時が起きた時のために任意保険に加入しておいたほうがいいです。

あと、任意保険に加入するということは、事故を起こした時に自分を守るだけでなく、相手方も守ることになります。任意保険に加入しておらず、相手方への補償もすることができないということはとても無責任なことですので、やはり車に乗る以上は自分のことだけでなく相手のことも考えて、任意保険に加入するようにしましょう。

 

 

●保険料ってどのぐらいかかる?

任意保険に加入する場合、保険料がどのぐらいかかるのかということは結構重要なことだと思いますし、気になるところだと思います。ただ、いくらですということは一概には言えません。補償内容、年齢、ノンフリート等級、保険会社、割引、特約などさまざまな違いで保険料は変化していきます。

ですので、年間の保険料が10万円を超える方もいれば、1万円以下という方もいます。ただ一つ言えるのは、若いうちや車に乗り始めた頃は高い可能性が高いです。なぜかというと、年齢割引というものがあり、特に10代20代前半の頃は保険料が高くなるようになっています。

また、ノンフリート等級というものがあり、1等級から20等級まであって等級が高くなるほど保険料が安くなっていく仕組みとなっています。等級は1年で1ずつしか上がっていかないので、等級を家族から引き継がない限りは高い等級になるのに時間がかかるので、車に乗り始めた頃は保険料が高くなることが多いです。

若いうちは高額な保険料はきついかもしれませんが、何かあってからでは遅いので任意保険には必ず入るようにしましょう。一括で払うのがキツければ分割払いができる保険会社もたくさんあるので、キツければ分割払いを利用するといいでしょう。

詳しくはこちらを参考にしてください⇒保険料はここで決まる

 

 

●自分にとって安い自動車保険を探すには

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2015年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,597円!中には50,000円以上安くなった方も。

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

 

車の買取りと下取りの違い・メリットデメリットは

470790

今の車に乗りつつ新たな車を買う二台持ちをする場合は、今の車を手放す必要はありませんが、駐車場がないことや二台持つことに特にメリットがないことを考えて、現在に車を手放すことがほとんどだと思います。 ですので、車を買い替える・・・

追い付かれた車両の義務違反とは・罰金(反則金)・減点は?

006970

追い付かれた車両の義務違反とは、追い越しされるときに追い越し車両の邪魔をしてはいけないという道路交通法です。追い越しをされる場合、追い越される車両はできるだけ左により、進路を譲らなければなりません。 例えば、追い越しをさ・・・

免許条件違反とは・罰金(反則金)・減点は?

130030

免許条件違反とは、免許証に記載されている運転が可能な車以外を運転していた場合に違反となり、反則金は普通車で7,000円となっており、減点は2点となります。 各車両の反則金 ・大型車・・・9,000円 ・普通車・・・7,0・・・

車間距離不保持違反とは・罰金(反則金)・減点は?

d45ab1ab9aeb44588cd6adb5628a4c9f_s

車を走行中、適正な車間距離を保っていないと「車間距離不保持違反」となり、道路交通法で罰せられることになります。車間距離の取り方は教習所でも習ったと思いますが、適正な車間距離を取っていない場合やあおり運転などをしていると、・・・

交差点安全進行義務違反とは・罰金(反則金)・減点は?

da780755c2cf72bea2f743eb10b16962_s

交差点安全進行義務違反とは簡単に言うと、交差点を通るとき車や歩行者に注意して安全な方法とスピードで通らないといけないという道路交通法です。反則金は9,000円で、減点は2点となります。 具体的には、方向指示器の間違いや出・・・

車検切れで運転していると無車検運転になる・罰金・減点は?

5eb8818721d6f667045066aa84fd2eba_s

車検が切れた車を運転していると、「無車検運行」となり道路交通法で罰せられることになります。無車検運行の罰則は「6月以下の懲役又は30万円以下の罰金」となっており、6点の減点となります。6点の減点になると30日の免停となり・・・

無免許運転の罰金・減点・欠格期間は・ばれない人もいる?

090902

自動車免許を取得せずに車を運転していると無免許運転となり、罰則を受けることになります。これはただ免許を取得していない時だけでなく、車の免許を持っていても免停中だった場合に車を運転しているときも無免許運転になります。 無免・・・

通行帯違反とは・罰金(反則金)・減点は?

66e970fb6605fb72ec3a3002903eca6a_s

通行帯違反とは、高速道路で片側2車線または片側3車線ある道路で、一番右側の追い越し車線を走っていると通行帯違反となり、道路交通法で罰せられます。 基本的に、片側2車線か3車線ある高速道路を走行する場合、一番右側は追い越し・・・

整備不良の罰金(反則金)・減点は?

29ef410a070bd25f4175a1872f919632_s

整備不良とは主に車検に通らない車の状態をいい、車に何らかの整備不良があれば、「整備不良制動装置等違反」か「整備不良尾灯等違反」となり、道路交通法で罰せられます。 「整備不良制動装置等違反」と「整備不良尾灯等違反」の違いで・・・

通行区分違反・進路変更禁止違反とは・罰金(反則金)・減点は?

518eec061ea06378f3da666449d9034d_s

通行区分違反をしたら道路交通法で罰せられ、9000円の反則金と2点の減点となります。とはいえ「通行区分違反」ってなんだよと思っている方も知るかもしれないので、通行区分違反の説明をしていきます。 通行区分違反とは、右折レー・・・

このページの先頭へ