乗車数が定員オーバーの場合保険金は支払われる?

219220


自動車に乗車できる人数というのは車種によって決められ制限されていますが、乗車数を定員オーバーしていた時に交通事故と起こした場合、保険金は支払われるのでしょうか。

例えるならば、4人乗りの車で5人乗車していた時のような場合になります。

結論だけ先に言うと、基本的には保険金は支払われます。なぜ支払われるかというと、定員オーバーの場合でも、「正規の乗車装置または当該装置のある室内に搭乗中の者」は補償の対象となるからです。


補償の対象とならないことも

ただし、この場合に保険金が支払われるのはあくまで、「正規の乗車装置または当該装置のある室内に搭乗中の者」が対象となり、「隔壁等により通行できないように仕切られている場所を除く」、「ただし、極めて異常かつ危険な方法で搭乗している者は除く」という注意書きもあるので、「正規の乗車装置または当該装置のある室内に搭乗中の者」以外の場合は、保険金が支払われない可能性があります。

例えば、トランクに乗車した場合に事故で怪我した場合など、あくまで「正規の乗車装置または当該装置のある室内に搭乗中の者」以外の場合、保険金が支払われない可能性もあるので注意しましょう。


そもそも定員オーバーは交通違反になりますので、1点の減点と6,000円の罰金になります。

また定員オーバーすることで、制動距離が長くなったり、シートベルトが足りなかったり、操作性の悪化も招く可能性もありますので、定員数はきちんと守るようにしましょう。

12歳未満の定員数の数え方

12歳未満の場合は、定員数の計算の仕方が3人で2人という形になります。ですので、4人乗りの車でも12歳未満の子供が3人いれば、5人乗車することができます。ただし、あくまで3人で2人という形になるだけで、2人の場合は2人とみなされますので注意しましょう。


サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ