台風や地震など天災の場合に自動車保険は使える?

071550


台風や地震など天災の場合に保険はどうなるのかというところですが、基本的には天災の場合は車両保険に加入することで補償を受けられることがあります。

なぜ「補償が受けられる」ではなく「補償を受けられることがある」になっているかというと、対応が保険会社に違ったり、天災の中でも、台風の場合は補償されるが、地震の場合は補償されないなんてこともあるので、必ず補償が受けられるというわけではありません。



では、ソニー損保を例に挙げて、どんな天災が補償されてどんな天災だと補償されないか紹介していきます。

まず補償対象となるのが、「台風」「大雨・ゲリラ豪雨」「洪水」「竜巻・突風」「雹・霰」「大雪・雪崩れ」「雷」「高潮」です。ソニー損保ではこちらはすべて車両保険では補償対象になっており、相手方への賠償はまちまちです。


逆に補償対象となっていないのが「地震」「噴火」「津波」です。ソニー損保では「地震」「噴火」「津波」の場合は車両保険は補償対象となっておらず、相手方への賠償も対象外となっています。



また、ソニー損保では取り扱っていませんが、「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」という、「地震」「噴火」「津波」などで被害を受けた場合に場合に一時金を受けることができる特約がある保険会社もあります。

このような感じで保険会社によって補償の違いはありますが、基本的には天災の場合でも保険を使うことはできます。


ですので、どの天災が補償対象かそうでないかや、「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」が使えるかなどは、保険契約の前にでも保険会社で確認しておくと良いでしょう。


天災の場合、等級はどうなるのか

通常の事故の場合で保険を使った場合は「3等級ダウン事故」の対象となり3等級さがりますが、天災で保険を使った場合は、通常の事故で保険を使う場合とは違い、「3等級ダウン事故」ではなく、「1等級ダウン事故」として処理されます。

ですので、15等級だった場合、通常の事故で保険を使うと12等級になりますが、天災で保険を使った場合は1等級しか下がらず、14等級になります。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ