自動車保険の更新時もインターネット割引は受けられる?

e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s


通販型(ダイレクト型)の自動車保険ではインターネット割引というものがあり、インターネットから契約すると保険料の割引をしてくれるというサービスがありますが、契約中の任意保険を更新する場合はインターネット割引は受けられるかということです。

結論から先に言うと、更新時でもインターネット割引は受けられます。ただし、保険会社によっては初回契約時と更新時ではインターネット割引の額が違うことが結構あります。

初回契約時と更新時の割引額

ソニー損保・・・契約時8,000円、更新時2,000円
SBI損保・・・契約時更新時ともに5,500円
イーデザイン損保・・・契約時更新時ともに10,000円
アクサダイレクト・・・契約時最大10,000円(保険料によって変動)、更新時1,000円
チューリッヒ・・・契約時最大12,000円(保険料によって変動)、更新時1,500円
三井ダイレクト損保・・・契約時最大10,000円(保険料によって変動)、更新時3,000円
おとなの自動車保険・・・契約時更新時ともに10,000円


このような感じで保険会社によってまちまちです。保険会社によっては初回契約時と同じように高額なインターネット割引をしてくれるところもあれば、更新時になると大幅に割引額が少なくなる保険会社もあります。

ですので、契約時よりも更新時の方が保険料が高くなる可能性もあります。

保険料が翌年高くなるというのはインターネット割引だけが原因とは限りませんが、インターネット割引額が減ることで保険料が高くなることもあるということです。(同じ補償内容なのに翌年保険料が上がる原因としては、事故で等級が下がった場合や車種の車両料率クラスが変わって保険料が高くなる可能性などがあります)



ここで勘違いして欲しくないのが、インターネット割引額が高いからといって保険料が安い保険会社とは限らないことです。

もちろんインターネット割引額は高いほうがいいですが、契約内容など保険会社によって保険料も違い、様々なことが加味されて保険料は決まるので、安い保険会社を探したい場合は自動車保険一括比較見積もりサイトなどを利用して、自分にあった安い保険会社を探すことが保険料の節約につながると思います。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ