5年以下の懲役または100万円以下の罰金!自転車でも飲酒運転になる?

284516


自転車でも飲酒運転になるのかということですが、自転車でも一定の基準を超える量を飲酒していれば飲酒運転になります。

そもそも飲酒運転になる車両の中に自転車は含まれており、自動車や自転車の他にも、バイク、原付、三輪自転車、人力車、馬なども飲酒運転の対象となります。


罰則は「酒酔い運転」をした場合に5年以下の懲役または100万円以下の罰金となっています。ただし、「酒気帯び運転」は自転車の場合は刑事罰の罰則から外れているので特に罰則を受けることはありません。(だからといって酒気帯び運転が適法というわけでもありません。刑事罰以外で罰を受ける可能性はあります。)



自転車なら一見注意ぐらいで済みそうな感じですが、重い罪を課せられ前科までつくことになります。これはあくまで飲酒運転のみの罰則で事故を起こした場合はそれ相応の罰則を受けることになります。

また、自動車の飲酒運転と同じように飲酒を勧めたほうや黙認した方も罰則されます。この辺の罰則は自動車の場合と同じとなっています。

運転者以外の罰則と罰金

・車両を提供した場合
 酒気帯び運転・・・3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
 酒酔い運転・・・5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

・酒類を提供した場合
 酒気帯び運転・・・2年以下の懲役又は30万円以下の罰金
 酒酔い運転・・・3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

・同乗等の場合
 酒気帯び運転・・・2年以下の懲役又は30万円以下の罰金
 酒酔い運転・・・3年以下の懲役又は50万円以下の罰金


自転車でも飲酒運転は大変危険な行為です。自動車の場合も危険ですが、自動車より守られていないので事故を起こした場合は自分の命を失い可能性は自転車の方が圧倒的に高いと思います。

他人を守るのは当たり前ですが、自分も守るためにも基準を超える量を飲酒したら自転車には絶対乗らないようにしましょう。こういうことは何かあってからでは遅いですから。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ