薬用養命酒は飲酒運転になる?

284516


みなさんご存知だと思います「薬用養命酒」を飲んだら飲酒運転になるのかということですが、当然薬用といえどお酒ですから、沢山飲めば飲酒運転になります。

ただ1回に飲む量は20mLとなっているので、このぐらい飲んだぐらいでは酒気帯び運転になる呼気中アルコール濃度が0.15以上にはならないので、「酒気帯び運転」になることはありません。



ただしより罪が重くなる「酒酔い運転」に関しては個人差があるので、一概に飲酒運転にならないとは言えません。



例えば、体調が悪いときや睡眠不足、もともとお酒を飲めない体質の方が「薬用養命酒」を飲むと、場合によっては「酒酔い運転」とみなされる状態になる可能性もあります。

「酒酔い運転」というのは、飲酒量関係なく警察に判断され、「酒酔い運転」とみなされれば飲酒運転になってしまい罰則を受けることになります。

ですので、確実に大丈夫とは言いきれません。まあ、もともとお酒が飲めない方は「薬用養命酒」は飲まないとは思いますが、特に体調が悪い時は「薬用養命酒」を飲んだ場合、車の運転は避けたほうがよいでしょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ