車の使用目的を「主に日常・レジャー」で契約した場合、たまたま通勤で利用した場合の事故は補償される?

1cefb1c1a2ea2e7bd7d5ba91d7d4ce2e_s


車の使用目的を「主に日常・レジャー」で契約した場合、たまたま通勤で利用した場合の事故でも問題なく補償を受けることができます。

そもそも車の使用目的が「主に日常・レジャー」の場合でも、年間を通じて平均月15日未満の場合でしたらたまたま通勤で利用していた場合でも事故の際などの補償は受けられます。


これが、年間を通じて平均月15日を超えてくるようでしたら、車の使用目的が「主に日常・レジャー」では補償を受けることができなくなってしまうので、「主に通勤・通学」を選ぶようにしましょう。

ですので、バイトやパートで週3程度で車で通勤するぐらいなら、「主に日常・レジャー」で問題ないと思います。これが週4になると最低でも16日は超えてしまいますから、「主に通勤・通学」を選びましょう。



あとバレなきゃいいんでしょみたいな考え方はやめましょう。

確かに会社などに車で通勤していることを伏せていればバレない可能性はなくはないですが、通知義務違反とみなされたり、後々問題になっても面倒ですし、人としてそういうことはあまり褒められたことではないのでちゃんとモラルを持って選ぶようにしましょう。


ちなみに、幼稚園や学校へ車で送迎する場合の車の使用目的は、「主に通勤・通学」になります。

本人が通学するわけでないので勘違いする方もいらっしゃるようなので、まちがえないように気をつけましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ