事故で複数の車から被害を受けたとき誰から損害賠償請求すればいい

d6e2d5264c40c5677719d21f0f6ba252_s


事故で複数の車から被害を受けたとき誰から損害賠償請求するということですが、例えば2台の車が衝突し、その反動で一台の車が駐車していた自分の車にぶつかり損傷を受けた場合、どちらの加害者から損害賠償請求したらいいみたいな感じの場合です。

結論から言うとこのケースでしたら、どちらでも損害賠償を請求することができます。

加害者が複数の場合を「共同不法行為」といい、共同不法行為者は被害者から損害賠償の要求があれば、自分の責任割合分だけでなく、被害者の損失の一部または全額を払う必要があります。



ただこれでは、全額の損害賠償を請求された人が損じゃないかと思う方もいるかもしれませんが、損害賠償を全額請求された加害者は、ほかの加害者から各々の責任分の賠償金を請求することができるので、全額の損害賠償を請求された人だけが特に損をするということはありません。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ