まずは警察を呼ぶ?それとも人命救助?交通事故を起こした時にやること

282372


交通事故というものはどんなに注意や安全運転を心がけていたとしても、起きるときは起きてしまいます。そんな事故を起こした時に何をやればいいのか、ある程度知っておくといざという時に役立ちます。


まず最優先しなければいけないのが人命救助です。事故の大きさなどにもよりますが、場合によっては一刻の猶予を争うような場合もありますので、人命救助は最優先です。

とりあえず事故相手や搭乗者の意識があるか確認し、もしない場合は脈や呼吸があるか確認します。脈や呼吸がある場合は、吐しゃ物で喉を詰まらせないようにゆっくり横向きにして、救急隊員が来るのを待ちます。

もし、脈や呼吸がない場合は人工呼吸や心肺蘇生を行います。また、周りに人がいる場合は助けを求めましょう。

慌てないことが大事です。事故を起こしてしまうとどうしてもパニック状態になり慌ててしまう方がほとんどだと思います。ですので、とりあえず平常心を取り戻すことが大事です。


救急車を呼ぶ

343892


人命救助が済んだら次に救急車を呼びます。電話番号はみなさんご存知の通り「119番」です。「119番」に電話をかけたら「火事ですか、救急ですか」と聞かれるので、「救急です」と答え、けが人がいることを伝え、事故を起こした場所も伝えましょう。

場所がわからない場合は、近くにある建物などを伝えましょう。もし携帯電話がなかったり破損した場合は、周りの方に協力を求めましょう。

救急車を呼んだら、けが人の応急処置ができる場合は処置をします。出血がひどい場合は止血したりします。ただ動かしたらまずそうな場合は、そのままにして救急車の到着を待ちます。


車を安全な場所へ移動させる

337376


車をそのままにしておいては、二次災害や交通渋滞を生む原因にもなりますので、車が動く場合はハザードランプを点滅させ、安全な場所に移動させます。

移動させたら、二次災害を防ぐために発炎筒をつかったり、停止表示器材を車の後方におき、ほかのドライバーさんたちにトラブルが起きたことを伝えるようにしましょう。

また、事故の状況をよく覚えておくことも重要です。どのように事故が起きたのか、目撃者はいたのかなど、余裕があればメモを取っておき、目撃者がいた場合は連絡先などを聞いておくと後々トラブルになった時に役立つ可能性があります。


警察に連絡する

060400


人命救助、二次災害をうまないための安全確認が済んだら、今度は警察に連絡をします。警察に事故の状況を聞かれるので、答えて、そのあとは警察に指示に従ってください。

大体の場合は、事故現場に警察が来てくれますが、事故の具合が軽度なもの(軽くぶつけた場合やこすった場合など)なら、近所の交番まで来てくださいと言われることもあります。

事故現場に警察が来るもしくは交番に行ったら、警察の方に詳しく事故状況の検分を行い、「交通事故証明書」をもらいます。

また、事故の相手方の「名前」「住所」「連絡先」「車のナンバー」なども免許書を見せてもらいメモしておきます。できれば、「保険会社」や「証券番号」も聞いておきましょう。

小さな事故でも必ず警察に連絡しましょう

小さな事故の場合でも必ず警察に連絡しましょう。双方の合意で丸く収める方もいるようですが、後々トラブルの原因になりかねないので、小さな事故でもきちんと警察には連絡しましょう。


保険会社に連絡する

9ed2032ac159a5bfde13ed1850af8470_s


最後に保険会社に連絡します。保険会社には必ず連絡しないというわけではありませんが、連絡しなければ当然保険金も支払われません。保険会社に連絡しておけば、示談交渉などは保険会社を行ってくれます。

ですので、事故状況や損害状況などを保険会社の方に伝えます。保険会社に連絡したら名前や住所など本人確認の他に「保険証券番号」も聞かれるので、保険証券を用意しておくか、「証券不発行割引」をつけて保険証券がない場合は、契約保険会社のマイページから確認できるのでメモしておきましょう

また、任意保険には大体ロードサービスがついているので、車が動かない場合や宿泊先や帰宅費用が必要な場合は利用しましょう。(各保険会社がサービスしている範囲のロードサービスに限ります)

保険会社への連絡は、60日以内に通知しなければいけないという「通知義務」がありますので、事故を起こしてから60日以内に必ず連絡するようにしましょう。

60日を超えてから連絡しても、保険金が支払われない場合もあるので気をつけましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ