交通事故に遭った場合、加害者側がすべて対応してくれるとは限らない

026049


交通事故に遭った場合、事故処理をして加害者から「あとは保険会社の方から対応させますから」などといって別れたものの、その後1週間経っても何の連絡もなく、連絡先に電話しても繋がらないなんてケースもあります。

こういうことが起きないようにも、救急搬送されるような怪我をした場合は除き、事故現場では加害者に聞いておかなければいけないことがあります。



まずは加害者の住所と氏名。可能であるならば免許書の写しをもらっておくとより良いと思います。

次に加害者の車両の所有者やナンバープレート。この際に車検証なども見せてもらえるとなおさらいいです。


あとは、加害者が加入している自動車保険の保険会社も聞いておきましょう。

これらのことは損害賠償を請求する際に必要な情報となってくるので、できるかぎり加害者側の情報を集めておくと良いでしょう。



なお、怪我をした場合の治療費は、一時的に被害者側で負担することになります。すぐに加害者側の保険会社から連絡がなかったとしても、健康保険などを利用して早めに病院に行き治療を始めるようにしましょう。

いつまでも加害者側の保険会社から連絡がないからといって病院もいかず放置していると、時間が経てば経つほど事故と怪我についての因果関係が薄くなり、慰謝料をうまくもらえない可能性も出てきますので、治療はすみやかに開始するようにしましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ