交通事故を起こした時の加害者の責任と罪

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s


交通事故を起こしたら加害者は法律上の責任を問われ、時には罪を背負うことになります。では、法律上どんな責任があるかというと、「刑事上の責任」「行政上の責任」「民事上の責任」の3つの責任を負うことになります。

まず「刑事上の責任」ですが、こちらは懲役・禁錮・罰金・科料などの処罰を受けることになります。

事故の度合いや過失にもよりますが、ひき逃げやこちらに重大な過失がある場合の事故などでは重い刑事上の責任を負わされることもあります。



次に「行政上の責任」は、行政から受ける処分で免停や免取、反則金などの処罰を受けることになります。

みなさんご存知だと思いますが、免許を取得したら点数がありますから、交通事故でも点数の減点を受けたり、反則金を課せらりたりします。このあたりは交通事故の度合いによって変わっていきます。より重大な事故ほど点数の原点や反則金も高くなりやすくなっています。



最後に「民事上の責任」は、被害者への賠償に対しての責任です。

被害者が傷ついたり、財物に損害を与えた場合それを補償しなければいけません。賠償は金銭で補償するのが原則となっており、治療費や慰謝料、車の修理代や財物の補償などを行います。

この時に役立つのが自動車保険の任意保険です。自賠責保険だけでは対人賠償しか補償の対象となりませんから、任意保険に加入しておけば対物賠償や人身傷害などの事故の場合でも補償を受けることができます。



基本的には交通事故を起こした時に責任はこの3つになりますが、人間としてのあり方や一般常識として当然果たす責任や義務もあります。

ですので事故を起こした時の人命救助や被害者に対してのお詫びやお見舞いなど、被害者の立場を考えて誠実な対応をとるように心がけるようにしましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ