交通事故の人身事故と物損事故の違い

040548


交通事故を起こした場合、人身事故と物損事故に2種類があります。まず人身事故とは事故で死傷者が出た場合をいい、物損事故とはけが人が出ず、車の損傷や建物などに損害が出た場合をいいます。

ですので、人身事故の場合は自賠責保険が使えたり、自動車保険の任意保険に加入していれば対人賠償保険が使えたりします。



それに対して、物損事故の場合は自賠責保険は補償対象が対人のみですから補償を受けられないです。ただし、自動車保険の任意保険に加入していれば対物賠償保険を使うことができます。

どちらの場合も被害者の場合は損害賠償請求をすることができます。


物損事故は刑事処分も行政処分を受けない

物損事故の場合は刑事処分も行政処分を受けないので、大した怪我で無い場合などに加害者側から「治療費は払うので物損事故にしてください」とお願いされることもあります。

こういう場合では確かに物損事故にしてしまえば加害者は刑事処分も行政処分を受けなくて済みます。



ただし物損事故にしてしまうと、刑事記録(実況見分調書)を作成してくれないこともあるので、後々、過失割合で争いになった場合、証拠が少なく過失割合が不利に働くということも考えられます。

それに物損事故にしてしまうと軽微な事故として取り扱われる可能性もあるので、怪我をしている場合は加害者側から物損事故の申し入れがあった場合でも、人身事故にしておいたほうがいいでしょう。



もし、もう事故に遭って物損事故にしてしまった場合でも、事故からそんなに月日が経っていなければ、警察も人身事故として受け付けてくれる可能性もありますし、病院で診断書を発行してくれる可能性もあります。

ですので、病院で診断書を発行してもらい、警察に人身事故として提出しましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ