交通事故で怪我をして働けなくなった場合、給料は補償される?

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s


交通事故で怪我をして入院や通院が原因で、働けなくなったり仕事を休まなくてはいけなくなることがあります。

そういう時は「休業補償」というものがあり、事故で怪我しなけられば働いて得られていたであろう給料やボーナスを加害者側に支払いを請求を求めることができます。

気になるのはどのくらい休業補償をもらえるのかというところだと思いますが、もらえる金額は「自賠責保険」か「任意保険」かによって違ってきます。



まず「自賠責保険」の場合だと、日額5,700円として扱われるのが基本です。それに対し、「任意保険」の場合は「事故前3ヶ月の給料の合計額÷90日=日額(算定基礎日額)」が、5,700円より高く、給与明細などで証明できる場合は、その金額(算定基礎日額)の支払いが認められます。

なお、「事故前3ヶ月の給料の合計額」は手取り額ではなく、基本給と付加給の合計額となっており、ボーナスは含まれません。ですので、算定基礎日額に実際に休んだ日数を掛けたものが「休業補償」の金額となります。



また、主婦の場合は、給料をもらっているわけではありませんが、家事労働と判断されるので、自賠責保険では日額5,700円が支払われます。

任意保険の場合だと「裁判所基準・弁護士基準」で計算される場合は、「賃金サンセス(平成25年)」の統計によると、算定基礎日額は9,700円程となっています。

ですが、任意保険の場合でも示談交渉に弁護士の介入がない場合は、自賠責保険と同じ日額5,700円で計算されています。



自営業の場合は、事故に遭った前年の申告所得を基礎に、申告所得額を365日で割った額が算定基礎日額となります。

その際に固定経費を所得額に加算することができますが、ほとんどの場合、加害者側の保険会社が固定経費までは算定基礎に加算してくれないのが現状となっています。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ