失業中の場合、休業補償はどうなる?

097442


失業中に交通事故に遭い、仕事ができなくなってしまった場合は、基本的に休業補償を受けることはできません。

そもそも休業補償というものは、交通事故に遭い、怪我の治療が原因で働けなくなった場合に、仕事をやむなく休まなくてはいけなくなったことで補償されるものですから、もともと就業していないのであれば、休業補償を請求することはできません。

ただし、既に内定をもらっている場合やハローワークで仕事を探して就職活動中の最中であれば、休業補償を受けることができる可能性はあります。



そもそも一時的な失業であれば「失業保険」が利用できますので、生活費などが困った場合は失業保険を利用するとよいでしょう。失業保険を受けるためには条件がありますが、ある程度就業していたという実績があれば問題なく受けられます。

失業保険の受給資格

1、離職の日以前の2年間に雇用保険に加入していた期間が満12ヶ月以上であること
2、離職日からさかのぼって1ヶ月ごとに区切った期間に、賃金の支払いの基礎となった日数が11日以上ある月が12ヶ月以上あること

ただ例外もあり、退職した原因が本人ではなく会社の都合が原因で退社させられた場合は

1、離職の日以前1年間に雇用保険に加入していた期間が満6ヶ月以上であること
2、離職日からさかのぼって1ヶ月ごとに区切った期間に、賃金の支払いの基礎となった日数が11日以上ある月が6ヶ月以上あること

の場合でも、失業保険の受給資格が得られます。


サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ