後遺障害等級認定に認められることによるメリット、デメリットもある?

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s


後遺障害等級認定として認めらることによるメリットは、損害賠償額が多くなることです。

後遺障害等級認定として認められなければ、入院や通院をして「傷害慰謝料」が支払われるだけですが、後遺障害等級認定と認められれば、「傷害慰謝料」の他にも、「後遺障害慰謝料(後遺障害等級に応じた額が支払われます)」や「逸失利益(後遺障害が残ったことで働けなくなった場合や労働能力の低下で減る収入の補償)」が支払われます。

症状が重くなれば後遺障害等級もより高い等級になっていくので、より賠償金も高額となっていきます。



ここで注意な点として、後遺障害が残った場合でも後遺障害等級認定に申請していなかった場合は、後遺障害等級認定として認められることはないので、後遺障害が残った場合は必ず申請するようにしましょう。


いつ申請する

後遺障害等級認定にいつ申請するかというと、治療を開始して「症状固定」の時期になっても怪我が治らなければ、後遺障害等級認定に申請しましょう。

症状固定とは

治療を続けてもこれ以上怪我の改善がみられないと判断される時点のことです。症状固定になると、加害者側の保険会社から治療費の支払いや休業補償の支払いの打ち切りを打診されたりします。症状固定日に関しては、主治医の判断が尊重されるのが基本となっています。



適切な後遺障害等級認定の等級を受けるには戦略的な事前準備を必要とするので、弁護士や専門家と相談しながらことを進めていくと、より納得できる後遺障害等級認定の等級を受けることができると思います。



後遺障害等級認定を受けることによるメリットは大きいですが、デメリットは大きなものは特にありません。

ですので、後遺障害が残った場合は後遺障害等級認定を申請して、「後遺障害慰謝料」や「逸失利益」を請求しましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ