交通事故で弁護士や専門家に相談・依頼するタイミング

077427


交通事故を起こしたり遭った場合、示談交渉などがなかなかうまくいかず弁護士や専門家に相談したり、示談交渉を依頼することがあります。ただ、相談したり依頼する場合どの段階で相談したり依頼したらいいのか迷う方も多いと思います。

ではどの段階で相談・依頼するのが良いかというと

①事故発生直後
②治療中
③後遺障害認定等級の申請前
④示談交渉段階



主にこの4つのタイミングで相談したり、弁護を依頼します。もちろん相談するだけならいつしても構いません。早めに相談しておいて、弁護士の方にあらかじめいろいろ聞いておくのもいいと思います。

では、上記の4つのタイミングについてのメリットなどを紹介していきます。



まず、事故発生直後ですが、事故発生直後というものはいろいろと気が動転して、焦ったり、事故自体が心配事になってしまうため、早めに相談することでストレスが軽減できると思います。

また、専門家からアドバイスをもらうことで安心できることも多いと思います。



次に治療中の場合は、治療にゆっくり専念したい場合や、加害者側の保険会社との「休業補償」にもめている場合や、「後遺障害」の有無が気になる場合などに、相談したり、依頼していると物事がスムーズに進めたりするので、治療中のタイミングで相談、依頼するのもいいと思います。



次は後遺障害認定等級の申請前ですが、後遺障害認定等級についてよくわからない方も多いと思います。そんなとき相談できる人がいれば必ず役に立つので、このタイミングで依頼や相談をするのもいいと思います。

専門家にアドバイスや交渉をしてもらうことでより納得できる後遺障害認定等級を受けることができると思います。



最後に、示談交渉段階です。示談交渉をしていても加害者側の保険会社の提示する金額が納得できないなど、交渉がうまくいかないこともあります。

そんなときに示談交渉を代わりにやってもらえばあなたが納得いく示談にこぎつけてくれる可能性も高くなると思います。



このような感じで、自分が困って不安に感じるようなことがあれば早めに弁護士や専門家に相談したり、依頼したりすることで、あなたの不安や心配を払拭してくれるはずです。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ