交通事故で怪我をした場合、治療は早く始めよう

プリント


交通事故で怪我をした場合、治療は早く始めるようにしましょう。何故かというと事故後ある程度時間が経ってから怪我の治療を始めたのでは、事故と怪我の因果関係が疑われ、加害者側から治療費の支払いを拒否される可能性もあります。

また、治療を始めた場合は気になる症状は医師に全て伝えるようにしましょう。



治療を開始していた場合でも、あとからここは痛いとか、ここがおかしいといっても時間が経てば経つほど、事故との因果関係が薄くなっていくので、気になるところは早めに医師に伝えるようにしましょう。

治療を始める場合の費用は、すぐには慰謝料はもらえないので、一時的に被害者側が健康保険などを利用して、治療費を払うことになります。



また、事故によって会社を休む場合は「休業補償」がもらえます。休業補償をもらうには、勤務先に「休業損害証明書」を作成してもらい、加害者側の保険会社に休業補償を請求することで休業補償をもらうことができます。


物損事故の示談は、治療終了前に行われることが多い

物損事故もある場合は、被害者の怪我の状態が落ち着いてくると加害者側の保険会社から、物損事故(車の修理代など)の示談交渉が行われることが多いです。

この際に、被害者側にも落ち度がある場合は、加害者側の保険会社も少しでも賠償金を安くしたいですから過失割合について指摘してきます。

ただ、過失割合を指摘されたからといって「はい。そうです。」と簡単に首を縦にふらずに、自分の主張がある場合は、ちゃんと自己主張をするようにしましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ