交通事故で怪我をした場合、治療費はいつまで支払われる

097442


交通事故の遭って怪我をした場合、加害者側の保険会社から治療費が支払われるわけですが、当然いつまでも支払われるわけではなく、ある程度時間が経ってくると、加害者側の保険会社も治療費の打ち切りを申し入れてきます。

主に加害者側の保険会社が治療費を打ち切る期間として、怪我の症状にもよりますが大体事故後3ヶ月から6ヶ月程度で治療費の打ち切りを打診することが多いです。



なぜ3ヶ月から6ヶ月程度で打ち切りを打診してくるかというと、これ以上治療しても症状の改善が見込めない状況になっている「症状固定」と診断されることが多いからです。

例えば「むち打ち症」なんかの場合だと、医師が6ヶ月前後で「症状固定」を診断されることが多いので、加害者側の保険会社も「症状固定」と判断されるあたりで治療費の打ち切ろうとしてきます。



もちろん怪我の症状が軽いものなら3ヶ月以内に治療費の打ち切りを打診してくることもあります。

「症状固定」と診断されれば加害者側の保険会社からの治療費もなくなり、健康保険などを利用して治療費を自己負担していくことになります。

むち打ち症とは

自動車の追突、衝突、急停車等によって首が鞭のようにしなったために起こる症状を総称したものをいいます。あくまで通称名ですので、正式な傷病名では、「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などと呼ばれ、症状によって違ってきます。


サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ