慰謝料の決まり方

097440


物損事故の場合は、故障した車両の修理費や時価額など具体的な金額が出てきますし、人身事故の場合でも治療費や休業損害などのように具体的な金額を出すことができます。

ただし、慰謝料というのは交通事故により、病院への入通院などのため精神的苦痛に対してのものですから、具体的な金額が出せるわけではありません。



そのため、精神的苦痛による慰謝料の場合、「入院費慰謝料算定表」というものを用いて慰謝料が決められていきます。入院費慰謝料算定表は2パターンあり、「裁判所基準・弁護士基準」に基づいて作成されたものと、「むち打ち症で多覚症状がない場合」に用いるものがあります。

慰謝料の金額は期間によって大きく変わりますが、「裁判所基準・弁護士基準」に基づいて作成されたものが対象になったほうがひと月あたりの慰謝料は多くなります。



なお、保険会社の示談額基準でも同様の計算方法が用いられていますが、基準値の低い「入院費慰謝料算定表」が用いられているため、「裁判所基準・弁護士基準」に基づいて作成されたものより少ない慰謝料となっています。

ですので、加害者側の保険会社から提示された「慰謝料提示額」が妥当なものとは限りません。妥当かどうかわからない場合は、示談にする前に弁護士や専門家の方に相談してみるといいでしょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ