示談交渉の際、「裁判所基準・弁護士基準」が拒否されたら

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s


示談交渉の際、「裁判所基準・弁護士基準」で慰謝料を提示して拒否された場合はどうするっていうところです。

「裁判所基準・弁護士基準」で損害額を計算して加害者側の保険会社に請求したら、「この金額は、裁判になった時や弁護士が介入した時の金額なのでお支払いできません」のようなことを言われて、拒否される場合もあります。


そういう言われると、仕方なく「任意保険会社の示談額基準」で請求しなければいけないのかと思うかもしれません。

とりあえずこういう場合は、「裁判所基準・弁護士基準」から少し譲歩した金額の示談金を提示して、交渉してみましょう。



それでもダメなら「交通事故紛争処理センター」を利用してみるか、弁護士に依頼してみることも考えたほうが良いでしょう。

弁護士の依頼してしまえば、当然費用はかかってしまいますが、交通事故紛争処理センターを利用するよりはいいと思います。


交通事故紛争処理センターは無料で利用できますが、時間や交通費や労力などを消費してしまうので、弁護士の依頼したほうがより確実ですし、弁護士に依頼したことで示談金の額も上がる可能性もあるので、弁護士に依頼したほうがいいと思います。

弁護士に依頼するのであれば、任意保険の「弁護士費用等補償特約」を付帯しておけば、弁護士費用を一定の額までは負担してくれるので、いざという時に助かると思います。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ