示談交渉を始める時期

0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_s


実際に示談交渉が開始されるのは、損害金が算定できるようになってからになるので、事故直後ではなく、ある程度時間が経ってからになります。

基本的に加害者側の保険会社から示談交渉についての話を持ち出されることが多いので、そうなったら話を進めていきましょう。

また、示談交渉の時期は、死亡した場合と傷害の場合でも示談交渉を始める時期に差があります。


死亡事故の場合

死亡事故の場合は、被害者が亡くなった時点である程度の損害額の算定が可能になります。しかし、葬儀関係費用はお葬式が終わってから出ないと算出できないので、お葬式が終わると本格的な示談交渉の開始時期となります。

ここで焦らないで欲しいのが、あくまで示談開始時期であって、必ず示談交渉をすぐにしなければいけないわけではあります。

気持ちの整理が付いてなかったり、焦ったりすることでミスを犯したりする可能性もありますので、示談交渉は慎重に行いましょう。


傷害事故の場合

傷害事故の場合は、後遺障害等級申請を行う場合と行わない場合で異なります。まず、後遺障害等級申請を行わない場合は、「障害慰謝料」の算定が必要となるので、治療が終了してなければ損害額の算定ができません。

ですので、本格的な示談交渉を始めるの時期は治療終了時点からになります。



次に、後遺障害等級申請を行う場合は、「後遺障害等級」の結果が出ないと損害額の算定ができないので、後遺障害等級申請の結果が出た時が、本格的に示談交渉を始める時期になります。

「後遺障害等級」が何等級になるかによって、後遺障害慰謝料や逸失利益が大きく変わっていきます。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ