事故の過失の責任割合を決める過失相殺について

ba61c59bd16052cab689527e4637d0cb_s


過失相殺とは、事故を起こした時に被害者の過失の責任割合によって損害賠償額が減額されることをいいます。

事故があった時の過失割合が8:2だったとか、6:4だったとかのようなことを耳にしたことある方も多いのではないでしょうか。これにより、被害者にも非があれば、加害者がすべて賠償金を補償する必要もなくなります。


過失相殺はどんなことから決められるかというと、「一般的には道路交通法に定められている優先関係」、「遵守事項や運転慣行」、「事故の状況」、「事故当時の走行速度や道路状況」、「車両の種類」などから妥当な割合が決められていくのが一般的です。


こんなケースでも過失相殺は適用される

●ケース1 散歩中のペット犬をはねた場合

散歩中のペット犬が道路に飛び出してきてはねて怪我をさせてしまった場合、ペット犬は他人の財物に当たるので、対物賠償で治療費などを補償することができますが、ペットの安全を確認するのも飼い主の勤めですから、飼い主にも責任が発生し、過失相殺が適用されるケースもあります。


●ケース2 居眠り運転で助手席の相手を怪我させた場合

居眠り運転で助手席に相手を怪我させた場合は、同乗していた方が運転者の極度の疲労などを気づいていたのであれば、同乗者にも責任が発生し、過失相殺が適用されるケースもあります。このような場合を「好意同乗減額」をいい、同乗の経緯によって減額が適用されているケースがあります。


●ケース3 直接な事故に関してないけど間接的に関わった場合

例えば、ドアを開けて後ろから来たバイクが当たってないけど転倒した場合は、直接の接触がない事故でも被害者のケガとの因果関係があれば、賠償責任が発生します。ただこのような場合でも、被害者にも過失があれば過失相殺が適用される可能性が高いです。


どのようなケースで過失相殺が適用されるかはいろんな場合があります。事故の形態も様々あり、責任状況もその都度変わっていきます。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ