交通事故では加害者はもちろん、被害者にも責任があることは多い

187610


交通事故が起きたときは、加害者だけでなく被害者にも落ち度があることがほとんどです。そのため、加害者側が100%責任を負うわけではなく、被害者側にも何割か事故の責任を負うことになります。

ですが難しいところもあり、加害者側が悪くないと思っていても、責任割合を受けることもありますし、逆に被害者なのにちょっとした落ち度を指摘され責任割合を負わされることもあります。


例えば、歩行者が赤信号を無視して歩道橋をわたたってきて、青信号で直進してきた車にはねられたケースで考えてみましょう。



このような場合であれば、加害者側は人をはねたとはいえ、こっちは青信号でちゃんと交通ルールは守っているし、被害者側は赤信号を無視しているので信号無視なので、加害者側に落ち度は一切ないと考えるのが普通だと思います。

当然このようなケースで加害者側の落ち度が100%で過失相殺が10:0になってしまえば、当然納得はいかないと思います。ですので、加害者側に落ち度は一切ないと考えるのは妥当な考えと言えます。



ただ、過失相殺する場合、様々な損害項目があるため過失割合も複雑なものとなってきます。

加害者側の保険会社と示談交渉する際に過失相殺の知識がなければ、保険会社と過失相殺で争っていくにはかなり厳しいものとなります。

そのため過失相殺に関する正確な知識をきちんと身につけておくことが必要となります。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ