過失割合で保険会社の説明が納得いかない場合

135302


過失割合をめぐる問題では、保険会社の説明が曖昧すぎることでなかなか納得できないということがあります。

例えば、「あなたの車も動いていたので、車が動いている以上はあなた側にも過失があります」のようなことを言われることがあります。実際、車が動いている以上、被害者側にも非があるということを聞いたことがある方は結構多いのではないでしょうか。


私自身も友人からそういう話を聞いたことあるぐらいです。

ですが、車が動いているぐらいで過失になるということはおかしいことです。ですので、どの辺が過失になるのか、どのぐらいの過失割合になるのかということを、「過失割合を示した基準表」でどの部分に当たるかなど、保険会社にしっかりとした回答を貰いましょう。



また、「裁判例が根拠になっています」などと言われることもありますが、そのように言われた場合はその具体的な「判例」を保険会社に送付してもらえるようにお願いしてみましょう。

実際、よく確認したら判例と事故の状況が違うということもありえますので、違う点を指摘して過失割合の再検討を求めましょう。



他にも、駐車場内の事故の過失割合では、「駐車場内での事故は五分五分です」と保険会社に言われることもあります。ですが、駐車場内だからといって過失割合が五分五分になるのはおかしな話です。

ですので、駐車場を監視している防犯カメラなどが設置されてないか確認して、しっかりと事故状況を確認して、不服がある場合は主張していきましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ