交通事故が起きた時の過失割合の決まり方と基準

ba61c59bd16052cab689527e4637d0cb_s


交通事故が起きた時の過失割合の決まり方ですが、そもそも交通事故が起きた場合、事故が起きたケースや状態などは様々なものがあるため、過失割合を様々な観点から判断する必要があります。

そのため過失割合を決める場合、「過失割合を示した基準表」というものがあり、それを基準にして過失割合を決めていきます。

これは過去の裁判の判例などを集めて基準にしたものであり、保険会社もこの基準表を基準に過失割合を出していきます。



そのため、保険会社が提示してきた過失割合がおかしいと思っても、それの基準は「過失割合を示した基準表」を基準に決定されたものでしょうから、それが適正な過失割合である可能性が高いです。

過失割合の出し方としては、事故の形態によって基本的な過失割合があり、そこから細かい事柄で過失割合がプラスされたりマイナスされたりしていきます。

例えば、直進車と右折車が接触した例で考えてみましょう。



直進車と右折車が接触した場合、直進車と右折車の過失割合は20:80となります。

ではここから過失割合がどういう感じでプラスされたりマイナスされたりするかというと、直進車がスピード違反をしていた場合に+10や、右折車が合図をしていなかった場合に-10など過失割合が変化していきます。


スピード違反や合図の忘れはあくまで一部で、ほかにも様々な観点から過失割合は変化していきます。スピード違反に関しても、15キロオーバーでは+10に対し、30キロオーバーでは+20とより過失が大きいほうが過失割合の負担も大きくなっていきます。

このように様々なことが加味されて過失割合は決まっていきます。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ