朝、夜、交通事故の多い時間帯はいつ・「魔の時間帯」はこの時間

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s


交通事故は時間帯によって、発生率に結構違いがあります。交通事故が多い時間帯にも、事故が多い場所と同じで「魔の時間帯」と呼ばれる時間帯があり、大体16時から19時ぐらいの間に交通事故が起きることが多いようです。

なぜこの時間帯に事故が多くなるかというと、季節によって多少差はありますが、日が落ちてきて視界が見えにくくなったり、帰宅ラッシュ時ですので、交通量や歩行者が増えたり、仕事帰りで疲れていて気を抜いている方が多いからのようです。


対処法としては、早めのライトの点灯です。「自分の視界が見えにくくなってからでいいや」、と思う方もいるかもしれませんが、ライトの点灯は自分の視界が見やすくなるだけでなく、相手に存在を意識させるという意味もあります。

ですので、小さい方のライトでもいいので、夕暮れ時になったら早めにライトを点灯させましょう。



●死亡事故も多い

また、交通事故の中で死亡事故が多いのも、この16時から19時ぐらいの時間帯が多いようです。この時間帯は学校帰りの学生など、歩行者や自転車も増えるため、車に乗っているときより事故を起こした時、生身の方が死亡確率も高くなるからだと思います。

少なくとも、車に乗っているとシートベルトやエアバックなどで守られている部分もあるので、致命傷にはなりにくいと思います。


その点自転車や歩行者は、していてもヘルメット程度で、特に守られているものがありませんから、大きな事故になった場合は命を落とす確率が高いのだと思います。

歩行者の方も反射帯などを装備することで、自動車に存在を知らせることはできますから、暗くなってきたら反射帯などを装備して、運転者にそこにいるということを知らせるようにしましょう。



●朝も事故が多い

あとは、朝の8時から10時ぐらいの時間帯も交通事故が多い時間帯です。主に通勤時間ですので、おそらく急いでいてスピードの出しすぎや信号無視などが原因で事故が起きることが多いのだと思います。

たしかに会社に遅刻してはいけませんが、事故を起こしていては元も子もありませんので、朝の時間帯とはいえ、ゆとりを持って車に乗るようにしましょう。


とはいえ一番大事なのは常に気を引き締めて運転することです。交通事故の原因はうっかりミスからの事故が多いですから、時間帯や場所を問わず、常に安全運転を心がけることだと思います。

まあ、人間はなれる生き物ですから、毎日車に乗っていればだんだん慣れていろんなことがおろそかになってしまいがちですが、その辺は心がけて注意するようにしましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ