被害者の場合に使える自身の保険について

282372


交通事故で被害者になった場合、基本的には加害者側の自賠責保険や任意保険から治療費の補償を受けたり、慰謝料などの示談金を払ってもらうことができますが、加害者が任意保険に加入していなければ、自賠責保険での範囲でしか補償を受けることができません。

自賠責保険の補償は対人賠償保険のみしか補償されないですし、補償額も傷害時で最大120万円、死亡時で最大3,000万円、後遺障害時で最大4,000万円までとなっているので、自賠責保険だけでは損害を賄えない可能性もあります。


そのため足りない部分を補うために、被害者側の任意保険で補うこともできます。ただし、対人賠償保険や、対物賠償保険はあくまで相手方を補償する保険ですので、自分自身に使うことはできません。

ではどんな保険が使えるのか紹介していきます。


自分自身に使える保険

まず「人身傷害補償保険」です。人身傷害補償保険は、被保険者や同乗者が交通事故で被害を被り、怪我した場合や死亡した場合に補償される保険です。

そのため、加害者が任意保険に加入しておらず、自賠責保険の補償だけで損害が十分に補えなかった場合でも、人身傷害補償保険で補うことができます。


人身傷害補償保険では、加害者の責任の有無や過失割合が関係なく、保険会社の保険金支払基準で保険金は支払われるため、被害者にも非があって、加害者側の保険会社から十分に補償が受けられなかった場合でも、不足している分を人身傷害補償保険で補うこともできます。

ただし、あくまで保険金が支払われる額は保険会社の保険金支払基準に基づくので、自分自身の過失が大きかった場合にすべて補償されるとは限らないです。



次に「搭乗者傷害保険」です。搭乗者傷害保険は、搭乗者が交通事故で被害を被り、怪我した場合や死亡した場合に補償される保険です。

対象となるのは登場者ですので、同乗者だけではなく運転者自身も含まれます。

基本的には「人身傷害補償保険」とさほど違いがある保険ではありませんが、支払われる保険金の額が一定であったり、あまり大きな補償を受けることもできません。



最後に「無保険車傷害保険」です。搭乗者傷害保険は、加害者側が無保険だった場合に補償される保険です。

この保険の特徴としては、軽い怪我の場合は補償を受けることはできず、死亡時と後遺障害時にのみ補償を受けることができます。



このように加害者側の保険会社から十分に補償を受けられなかった場合でも、自身が任意保険に加入しておけばこういう場合でも補償を受けることができます。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ