任意保険(自動車保険)の乗り換えの仕方

aed68a5553ea304150088a297cc6305b_s


いま契約している保険会社の保険料が高いなどの理由で、任意保険をほかの保険会社に乗り換えようと思っている方もたくさんいると思います。では、任意保険を乗り換える場合どうすればいいのか紹介していきます。

まず、任意保険を乗り換えたい場合は、他の保険会社と契約すればいいだけなので、任意保険の満期日が近い場合は、新しく契約したい保険会社と契約してください。

この際に注意したいのが、大体の保険会社では、保険期間が切れれば自動的に保険契約も解消されるので、新しい保険会社と契約だけでいいのですが、中には契約内容に、「自動継続特約」が付いている場合もあるので、そういう場合は解約申請が必要となるので、必要な場合は現在契約している保険会社に解約申請しておきましょう。

任意保険を乗り換える場合は、いま契約している保険会社の「解約日」と、新しく契約する保険会社の「契約日」は同じ日になるとようにしておきましょう。でないと等級などがうまく引き継がれない場合があります。


ノンフリート等級の引継ぎ

任意保険を乗り換えても、保険料に大きく関わってくるノンフリート等級は問題なく引き継げます。例としては、現在契約中の等級が10等級だった場合、乗り換えた先では一年で等級は1個ずつ上がるので、11等級からのスタートになります。

ただし事故などを起こした場合は3等級下がるので、7等級からのスタートとなります。また、乗り換える場合は必ず満期日が切れる前に、新しい保険会社と契約してください。


乗り換える場合は時間に余裕を持つ

任意保険を乗り換える場合は、ある程度時間に余裕を持って、ことを進めた方でいいでしょう。少なくとも保険の満期が過ぎる前までには、必ず契約しておきましょう。

満期日が過ぎてからでは、前の保険の契約自体が切れるので、ノンフリート等級の引き継ぎなどができなくなってしまい、今まで育ててきた等級が水の泡になってしまう可能性があります。

これは任意保険に契約更新するときも同じで、多少の猶予(一週間とか一ヶ月など)がある保険会社もありますが、満期日が過ぎるまでに契約更新しないと、保険の契約が完全に切れて、また新規からの契約になる可能性があるので、契約の更新は余裕を持って行いましょう。

保険の満期が近づくと契約更新のメールやはがきなどが届くと思うので、そういう通知が来たら更新すればいいと思います。


契約期間が長く残っている場合

契約期間が長く残っている場合は、いま契約している保険会社から解約手続きをして、保険料を返金してもらうのですが、返してもらう保険料は、月額平均でもらえるわけではなく、それよりも少なくなってしまいます。

ですので、まだ契約期間が長く残っている場合でも、できるだけ満期日まで利用して乗り換えたほうがいいのです。どうしても乗り換えたいという方は止めはしませんが、デメリットが多いのでやめておいたほうがいいと思います。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ