任意保険の契約までの流れ

65c53e0fa874450a04144e29e0a2565c_s


それでは自動車保険の任意保険の契約までの流れを簡単に紹介していきます。まず、任意保険に入るタイミングですが、これはいつでもいいのですが、基本的に車を持っていないと任意保険には入れないので、一般的に多いのは初めて車を購入するときに入る方が多いです。

ただ、車を買うまで任意保険に入れないということは、レンタカーを借りた場合や、親や知り合いの車を運転するはどうなるの、なんて思った方もいるかもしれませんが、レンタカーの場合は、基本的にレンタル料金に保険料も含まれており、補償を受けることができます。

親や知り合いの車を運転する場合は、基本的には親や知り合いの保険を利用するか、車を持っていなくても自動車保険に入れる「ドライバー保険」に加入することで、補償を受けることができます。


保険会社を選ぶ

当たり前ですが、まず保険会社を選ぶ必要があります。保険会社はどこがおすすめとかは特にありませんが、選び方のコツとしては自分にあった保険会社を探すことが重要だと思います。

契約内容によって保険料が違ったり、保険会社によってロードサービスなどサービスの違いもありますので、自分にあった保険会社を選ぶようにしましょう。


おすすめの方法としては自動車保険一括比較サイトを利用することです。特におすすめなのが「自動車保険見積もりのインズウェブ」です。

インスウェブでは、「ソニー損保」や「SBI損保」や「アクサダイレクト」など、有名な自動車保険会社20社から一括見積もりを出して比較することができるので、いちいち保険会社に見積もりを出して比べる必要がなく、簡単に自分にとって安い保険会社を探すことができます。

安い保険会社を探して、サービス内容などから自分にあった保険会社を探していくといいと思います。


保険会社と契約手続き

契約したい保険会社を見つけたら、契約したい保険会社の公式サイトに行き、契約手続きを行ってください。このとき注意したいのが、「インターネット割引」を受けるためちゃんとインターネットから保険の契約をするということです。

インターネット割引のサービスをしていない保険会社なら別に構いませんが、インターネット割引を行ってくれる保険会社で電話などで契約した場合はインターネット割引が適用されず保険料が高くなってしまいます。

別に気にしないという方は構いませんが、インターネット割引を受けたいのであればインターネットから契約の手続きを行ってください。


料金の支払いと保険の開始

契約の手続きが済んだら保険料を支払います。保険料の支払い方法は、クレジット決済や銀行振込やコンビ二決済などがあったり、保険会社によって分割払いができるところもあります。

保険料を支払らえば、保険始期日から保険が適用されます。保険料の決済方法によっては手続きに多少時間がかかるものもあるので、保険料の支払いはできるだけ時間に余裕を持って行いましょう。

ちなみに急ぐ場合はクレジット決済がおすすめです。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ