任意保険(自動車保険)の契約期間

0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_s


任意保険の契約期間は、1年契約が一般的ですが、複数年契約することもできます。何年契約までできるかとなると、保険会社によって異なるので何とも言えませんが、一般的に長いところでは7年まで一度に契約できるようです。(保険会社によっては1年契約しか出来ないところもあります。例、ソニー損保など)

では、わざわざ長期契約する必要はあるのでしょうか。途中で乗り換えたくなるかもしれないし、一度に大金払うのも嫌だし、なんて思う方は多いのではないでしょうか。

ですが、これが結構メリットもあっていいこともあります。ではどの辺にいいことがあるのか説明していきます。


長期契約するメリット

まず、保険料が安くなることです。長期契約すると割引率が高くなるので、保険料が少し安くなることがあります。また、長期契約していると、事故を起こしても契約期間中はノンフリート等級が下がらないというメリットがあります。



例えば1年契約の場合は、事故を起こした場合は、等級が3等級下がりますから、契約した時の等級が10等級でしたら、翌年に契約の更新をするときは7等級に下がってしまい、保険料も高くなってしまいます。

ですが、3年契約にした場合、事故を起こしても等級が下がるのは、契約を更新する3年後になるので、1年契約の場合だと翌年に下がる等級も、その3年間は下がりません。



ですので、3年契約の場合は、3年後に契約を更新する場合、事故で3等級下がっても、残りの2年間で2等級上がるので、9等級の契約更新になります。ということは、万が一事故を起こしてしまった場合は、保険料を結構得することができるということになります。


※保険会社によっては、長期契約しても事故を起こした場合は翌年から等級が下がる保険会社もあるようです。(例、三井住友海上のニューロングなど)



途中で解約もできる

3年契約などにした場合は、途中で解約して保険会社を乗り換えたりすることもできます。

特に、初めて自動車保険の任意保険に加入した方なんかは、ディーラーに進められるまま任意保険を3年契約にしてしまい、よくよく考えたら保険料が高いということに気づき、他の保険会社に乗り換えたいという方もいるようです。



そういう方は、途中で乗り換えてみてもいいと思います。ただ事故を起こしている場合で乗り換えた場合は、等級が下がるので、逆に保険料が高くなる可能性もあります。

ですので、よく考えて決めるようにしましょう。保険料が高くなるようでしたら、3年間保険を使い切ってから、他の保険会社に乗り換えればいいと思います。

事故などで車を失い、車に乗る機会がなくなった場合などに、残っている期間の任意保険の返金を求めることもできます。これは別に長期契約だけじゃなく、1年契約などで半年契約が残っている場合などでも返金することができますので、そういうケースになった場合は返金請求するといいと思います。


サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ