任意保険(自動車保険)を解約する場合は「中断証明書」を取得する

360859


何かの理由で車を手放して、車に全く乗らない期間ができる方もいると思います。そんなときは当然任意保険も必要ないので、契約していたら保険料が無駄になりますから、任意保険を解約したほうがよいのですが、解約すると今度任意保険に契約するときにノンフリート等級がリセットされて、また6等級からのスタートとなってしまいます。

そんな時に「中断証明書」を取得しておけば、最大で10年間ノンフリート等級を引き継ぐことができます。


ですので、任意保険を解約する予定のある方は「中断証明書」を発行して、次に任意保険に契約する時に備えておけば、それまで育てたノンフリート等級を損することもありません。

当たり前ですが、6等級より下の等級の場合は、ノンフリート等級を引き継ぐ意味がないので、「中断証明書」を発行しても特に意味はないです。

ちなみに、ノンフリート等級が6等級より下の場合は、保険解約日から13ヶ月経つとリセットされ、次に任意保険に契約する場合、また6等級からスタートすることができます。


中断証明書の発行手続き

中断証明書の発行は保険会社か代理店で行ってくれます。詳しくは現在契約している保険会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

必要なものは、「中断証明書発行依頼書」「中断前の保険証券の写し」「自動車保険を契約していた車両を、廃車・譲渡・返還したことを証明する書類」がいります。保険会社や代理店などで説明があると思いますので、詳しくはそちらの流れに沿って行ってください。


また、新しく任意保険に契約する場合は「中断前の自動車保険についての中断証明書」と「車検証の写し等、新しく取得した車であることを確認するための書類」などが必要となります。

中断してから任意保険を引き継げる条件

・中断日から、新しい自動車保険の契約開始日までの期間が10年以内
・新しい車を取得してから1年以内の任意保険の加入
・海外渡航の場合、新契約の始期日が出国の翌日から起算して10年以内で、かつ帰国日の翌日から1年以内
・中断前後で車の所有者が記名被保険者、配偶者、同居の親族のいずれか
・中断前後で自動車保険の被保険者が記名被保険者、配偶者、同居の親族のいずれか
・中断前後で車の用途・車種区分が記名被保険者、配偶者、同居の親族のいずれか

※ノンフリート等級を引き継ぐ時と同じように、記名被保険者意外にも、その配偶者や同居親族も引き継ぐことができます。


サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ