自動車保険の契約を拒否されるケース

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s


自動車保険の任意保険への加入は、ほかの生命保険やがん保険に比べると審査などもなく、簡単に加入することができますが、それでも契約を拒否されたり、契約更新を拒否されるケースということはあるようです。

ではそれはどんなときに拒否されるかというと、「等級が6等級以下の場合」や「事故が多い場合やノーカウント事故が多い場合」などに保険の契約や更新を拒否される場合があります。


等級が6等級以下の場合

ノンフリート等級が6等級以下の場合は保険の契約や更新を拒否されるケースがあるようです。要注意なのが3等級以下で、特に拒否されやすいのが1等級の場合です。

1等級になるということは事故が多い顧客というイメージを持たれるので、保険会社も契約を拒否することがあるようです。



もし1等級とか低い等級になったら、任意保険を解約するというのもひとつの手です。ノンフリート等級は13ヶ月保険契約していなければ、等級がリセットされまた6等級から始めることができます。

当然13ヶ月間は任意保険には加入できませんが、等級が低くなればなるほど保険料も高くなってしまいますので、思い切って13ヶ月車に乗るのを諦めてみるというのもアリだと思います。


さすがに任意保険に加入しないで車になるのは怖いですし、万が一のことがあった人生を棒に振るう可能性もありますのでおすすめはしませんが、車に乗るのを諦めるというのは悪くないと思います。

長いか短いかは人それぞれですが、たったの13ヶ月ですから、よほど車に乗れないと生活できないというわけでなければ車を運転しないというのもいいと思います。


事故が多い場合やノーカウント事故が多い場合

事故が多い場合やノーカウント事故が多い場合も保険の契約更新などを拒否される場合もあります。

たくさん事故を起こされては保険会社にとっても嬉しい顧客とは言えませんし、事故が多いことでノンフリート等級が低くなってしまうこともあります。

ノーカウント事故とは

保険を使っても等級に影響がない事故のことをいいます。例えば、原付の事故でファミリーバイク特約で保険を利用した場合や、もらい事故などで弁護士費用等補償特約のみを利用した場合がこれに当たります。


拒否されたらどうすればいい

現在契約している保険会社に拒否された場合は、他の保険会社に当たってみましょう。自動車保険を取り扱っている保険会社はたくさんあるので、いろいろあたってみるといいと思います。

それでも、拒否される場合は直接カーディラーなど専門家に相談してみましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ