人に対して補償される対人賠償保険とは・いくらに設定?

282372


対人賠償保険とは、事故を起こした時に相手方の怪我や死亡時などに補償される保険で、「自賠責保険」にも唯一含まれている補償内容です。

ただ、「自賠責保険」の場合は、最小限の補償でしかないので、傷害時で最大120万円、死亡時で最大3,000万円、後遺障害の程度に応じた等級によって75万円~4,000万円とあまり高額な補償ではありません。



実際死亡事故などを起こすと、相手方への賠償金が3,000万円以上ということがザラにあります。

こういう場合任意保険に加入しておけば、任意保険から足りない分の慰謝料を補填できますが、任意保険に加入していなければ、足りない分の賠償金は自費で払わなければなりません。

●対人賠償保険の支払い例

事故を起こしてしまって、相手方の治療費や休業損害で治療費が300万円かかってしまった場合は、まず自賠責保険から120万円が支払われます。それから足りない部分の180万は、任意保険から支払われることになります。任意保険に加入していない場合は、180万円を自費で払うことになります。


対人賠償保険の重要度

対人賠償保険の重要度は、自動車保険の補償内容の中でも一番重要なところだと思います。だからこそ、唯一強制保険の自賠責保険でも補償されるし、相手の怪我や死亡時などに賠償金が支払われる保険なので、自動車保険の補償内容の中でも最も重要と言っても過言ではないと思います。

ですので、任意保険に入る場合には、「対人賠償保険」には必ず入るようにしましょう。



設定金額については、死亡事故や後遺症が残る事故を起こした場合は1億円を超える賠償金を請求されることもあり、3億以上の賠償金が請求されたなんて判例もありますので、補償金額の設定は「無制限」にするようにしておきましょう。

料金的に見ても、無制限以外を選んだ場合でもそこまで料金が変わることもないので、万が一の時のため、必ず「無制限」にしておきましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ