本当に必要?無保険車傷害保険(無保険車傷害特約)とは

70dcab30bb0a3422469fe0d5ecefaf2f_s


無保険車傷害保険(無保険車傷害特約)とは、事故によって死亡または後遺傷害を負ったとき、相手方(加害者)が自動車保険(対人賠償保険)に加入していない場合に、十分な賠償金が支払われないときに支払われる補償内容です。

対象となるのは死亡、後遺障害を負った時のみなので、治る怪我などの場合には対象となりません。



●対人賠償保険に付いてくる

基本的に「対人賠償保険」に加入すると自動的に付いてくる補償内容なので、特に加入する加入しないなどの選択の余地はありませんし、「対人賠償保険」にはみなさん加入するので、「無保険車傷害保険」にも加入することになります。

補償金額の設定も特にする必要はありません。「対人賠償保険」で設定した金額と同じ補償金額になります。ただし上限があり、「無制限」にした場合でも補償金額は2億円までとなっています。

無保険車に該当するケース

・事故を起こした加害者が、対人賠償保険に加入してない場合(自賠責保険に加入してない場合など)
・事故を起こした加害者が、対人賠償保険に加入にしているが、酒酔い、無免許、麻薬吸引など、保険契約に違反しており、保険金が支払われない場合
・事故を起こした加害者が、対人賠償保険に加入にしているが、被害金額が加害者側の補償金額でまかなえない場合
・ひき逃げや当て逃げなどをされた際に、相手が誰だかわからない場合


任意保険に加入していない方は約15%

無保険車に該当する可能性のある任意保険に加入していない方は、大体15%ぐらいの方が加入してないと言われており、死亡事故などを起こした場合は、自賠責保険の補償額だけでは賠償金が賄えないということはザラにあります。

15%といえば、約6.6人に1人は任意保険に加入していないということになりますので、自動車で事故を起こした場合、車対車の事故では6.6回に1回は、事故した加害者は任意保険に加入していないという計算になります。



そう考えると特別多くはないですが、6.6回に1回だと、日常的に任意保険に加入していない方との事故は起きていることは予想できますから、「無保険車傷害保険」はそれなりに必要な補償内容と言えると思います。

ただ、補償対象はあくまで、死亡時、後遺障害を負った時に限られるので、実際「無保険車傷害保険」に該当する事故はもっと少ないということになると思います。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ