車両保険に加入できないケース

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s


保険会社によっては、特定の条件の場合に車両保険に加入できないことがあります。それ主にどんな時かというと

・車両保険金額(新価保険金額)が1,000万円を超える場合
・初度登録(検査)年月から長期年数が経過している場合(18年や20年など)
・保険会社の定める一部のスポーツカーや高級車
・車両料率クラスが9の場合
・保険会社に市場販売価格相当額のデータがない車の場合

などの場合です。



基本的に保険会社によって違いはありますが、以上のような場合は車両保険に加入できない可能性があります。

あまり一般的な車に乗っている方にはあまり関係ないような条件が多いですが、なかには古い車が好きという方や高級車に乗っている方もいるでしょうから、こういうケースでは車両保険には入れない保険会社もあるということを覚えておきましょう。

また、古い車でも自動車保険に入れるように、「エース保険」では「クラシックカー保険」というクラシックカーを対象としている保険もあり、こちらも条件はありますが、古い車でも車両保険の補償を受けられるようになっています。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ