どちらが安い?車両保険の「一般型」と「エコノミー型」の違い

6a377e50cbb7f5ffdda0016300df1de9_s


車両保険には、「一般型(一般車両などとも言う)」と「エコノミー型(車対車+限定Aなどとも言う)」の2種類がありますが、何が違うかというと補償される範囲が違います。

一般型というのは主に車両保険の対象事故となっているものはすべて補償されますが、エコノミー型が補償される対象事故が制限されています。


制限されるのであれば、車両保険に加入する場合「一般型」を選んだほうがいいのではと思うかもしれませんが、事故の補償範囲を狭くすることで保険料も安くなるので、「一般型」のほうがいいとは一概には言えません。

もちろん補償を手厚くしたい方には「一般型」の方が良いでしょうが、車両保険は結構保険料も高いですから、少しでも安くしたい方は「エコノミー型」を選べば保険料の節約につながります。



また、車両保険では「免責」という、ある程度の修理代までは自己負担するというシステムがあります。

車両保険の免責は、1回目の事故と2回目以降の事故の免責金額を設定することができ、例えば1回目は10万円、2回目以降が5万円にしておくと、1回目の事故で車両保険を使う場合、10万円までは車の修理代は自己負担となり、2回目以降が5万円まで自己負担となります。

免責金額 (例)1回目を10万円にした場合

1回目の事故で車両保険を使う場合、車の修理代に30万円かかった場合は、車両保険からは20万円が支払われ、10万円は自己負担します。



免責金額も、「一般型」を「エコノミー型」するのと同じように、自己負担額が高くなればなるほど保険料が安くなります。当然自己負担額を減らせばその分保険料も高くなります。

このあたりのバランスは初めて車両保険に入る方にはなかなか難しいかもしれませんが、必要な補償範囲と免責金額をうまく設定することで保険料の節約につながると思います。


保険料を思いっきり節約したいというのであれば、車両保険に入らないというのも選択の一つです。実際車両保険の加入率は半分もみたないぐらいですので、新車や高級車に乗っているのではないというなら特に、車両保険を外すのもいいと思います。

そのあたりは自分の懐事情と相談して決めていくとよいでしょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ