ペット飼っている方におすすめの自動車保険

7a3312347af2843ba398140b0f716ca6_s


ペットと自動車保険と言ったらあまり関係ないような気もしますが、保険会社によってはペット対応のロードサービスを実施している保険会社もあるので、ペットを飼っている方には役立つ可能性があります。

どんなペット対応のサービスが行われているかというと、主に事故を起こした時の「ペットの宿泊費用サービス」や「ペットシッターの費用」の補償が行われます。


こちらのサービスはロードサービスの一環なので、利用したからといって等級が下がったりすることもありません。

それではどこの保険会社がどんなサービスをしているか簡単に紹介していきます。

ペット関連のロードサービス

アクサダイレクト」・・・ペット宿泊費用サービス(車に同乗していたペットの宿泊費を1泊まで補償)
チューリッヒ」・・・ペット宿泊費・交通費(ペットホテル費用「1泊分」、およびペットホテルまでの交通費をお支払い「ペットを同伴せず、ご自宅付近のペットホテルやペットシッターに預けていて、延長料金が発生した場合、10,000円までお支払い」)
そんぽ24」・・・ペットケアサポート(自宅付近のペットホテルやペットシッターの延長料金が発生した場合は10,000円まで補償)
朝日火災海上保険」・・・臨時ペット宿泊費用サービス(ご契約のお車に搭乗中のペットのペットホテル宿泊費用を1事案1名につき1万円を限度にお支払い)
共栄火災海上保険」・・・くるまるペットくん



基本的に、旅行先で自動車にトラブルが起きた時にペットに対して補償されるロードサービスがほとんどですが、共栄火災海上保険の「くるまるペットくん」のみペットの怪我や死亡に対応している自動車保険になっています。

「くるまるペットくん」は、「人身傷害保険のペット搭乗中補償特約」「入院時ペット諸費用補償特約」がセットになった特約の愛称で、自動車に搭乗中のケガや死亡時に補償されたり、被保険者が自動車事故で入院した場合にペットホテル代などを補償してくれます。

補償額は怪我時で最大5万円、死亡時で葬祭費用最大10万円と臨時に必要となる費用として3万円、ペットホテル代などの利用料が最大10万円と保障額はあまり高くないですが、保険料は年間800円とお手頃な保険料となっています。



ペットを飼っていてもあまり車でお出かけしないというのであれば、あまり役立つ補償ではないですが、よくペットと車でお出かけするという方は、こういうペットに対して補償がある保険会社を選択肢に入れて保険会社を選んでみるのもいいと思います。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ