知らないと損!任意保険(自動車保険)の保険料をできるだけ安くするコツ

111668


任意保険の保険料は特に若いうちなんかは結構高いですから、出来るだけ安くしたいところだと思います。ですので保険料を安くするコツをいくつか挙げてみたいと思います。


車両保険を外す、もしくは範囲を制限する

6a377e50cbb7f5ffdda0016300df1de9_s


まずは、車両保険を外す、もしくは範囲を制限することです。車両保険というのは、みなさんご存知の通り車両に対する補償ですから、万が一の場合があったとしても最悪自分の車が廃車になる程度で済みます。

もしこれが、対人や対物の事故の場合、相手方を死なせてしまった場合や、建物に追突した場合、とんでもない損害賠償を請求されることもあるので、「対人賠償保険」や「対物賠償保険」は必ず必要なものですが、「車両保険」は、自分の車の修理費だけなので、最悪の事態は起こりません。

このあたりは、乗っている車の車種やローンのことなども考えたほうがいいですが、できるだけ保険料を安くしたいというなら思い切って車両保険は入らない、もしくは補償範囲を制限したり、免責金額(自己負担額)は高く設定するなどして、極力安くすることです。


年齢条件を高くする

353526


次に、年齢条件を高くすることです。これに関しては、若い方はどうしようもありませんが、年齢条件は「21歳以上」「26歳以上」「35歳以上」などがありますが、例えば27歳の方が21歳以上の年齢条件にしておくと、「21歳以上」の保険料が適用されるため損してしまします。

ただ、年齢条件というのは車の所有者だけでなく、車を運転する全ての方が対象になるので、夫が27歳の場合は「26歳以上」の年齢条件を選べばいいのですが、妻が25歳でその車に乗ることがあるというのならば、年齢条件を「26歳以上」ではなく、「21歳以上」にしなければ妻が運転して事故を起こしたときは補償対象になりません。

ですので、年齢条件を高くすれば保険料は安くなりますが、補償対象者は制限されてしまいますから、そのあたりはよく考えて決めましょう。


運転者を限定する

03832649d091df385088a7e2f2854b6b_s


次は、運転者を限定することです。こちらの内容は年齢条件に似ていますが、車の運転者を限定することで保険料が安くなります。

限定制限は大体「本人のみ」「本人と配偶者のみ」「本人と家族のみ」となっていることが基本ですが、自分しか運転しないのであれば「本人のみ」にすることで保険料の節約につながります。

ただ、年齢条件同様、運転者を限定してしまうと対象外の方が事故を起こした場合、補償は受けられなくなるので、そのあたりはよく考えて決めてください。


ゴールド免許になる

130030


次は、ゴールド免許になることです。ゴールド免許になると多くの保険会社では「ゴールド免許割引」を受けることができるようになるので、ゴールド免許になることで保険料の節約につながります。

しかも割引率は10%前後ぐらいの保険会社が多いので結構保険料の節約も期待できます。ちなみに、ゴールド免許になるのは、最短で2度目の免許の更新の時になれるので、頑張って交通ルールを守りゴールド免許を目指しましょう。


通販型(ダイレクト型)の自動車保険を利用する

e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s


最後に、通販型(ダイレクト型)の自動車保険を利用することです。通販型の自動車保険は代理店型の自動車保険よりも安くなる傾向にあります。

なぜ安くなるかというと、通販型の方が無駄な経費(人件費や手数料)を抑えることができるのと、インターネットから任意保険の申し込みをすると「インターネット割引」を受けることができます。

インターネット割引は保険会社によって差はありますが、多いところでは10,000円程割引してくれる保険会社もあるので、ぜひ利用したいところです。

また、自動車保険比較一括見積もりサービスを利用するのもおすすめです。多くの保険会社から一括見積もりを取ることができるのであなたにとって安い保険会社を簡単に見つけることができます。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ