自動車保険(任意保険)の補償内容の選び方

097442


任意保険の補償内容は、主に「対人賠償保険」「対物賠償保険」「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」「無保険車傷害保険」「自損事故保険」「車両保険」があります。

この中からどの補償内容に入ればいいのか、また補償額はいくらに設定すればいいのか紹介していきます。


まず、「無保険車傷害保険」「自損事故保険」に関しては、「対人賠償保険」の加入すると自動的についてきますので、特に選択の余地はありません。

ただし、保険会社によっては「無保険車傷害保険」「自損事故保険」がない保険会社もあります。(例・ソニー損保など)


任意保険の必要性

車を所持することになると(乗らない車は例外)、必ず自賠責保険に加入する必要があるので、「任意保険は必要なのか」と思う方もいるかもしれませんが、自賠責保険で補償されるのは「対人賠償保険」のみで、死亡事故の場合でも最大3,000万円までしか賠償金が支払われません。

死亡事故の場合は損害賠償が億を超えることもあるので、はっきり言って自賠責保険だけでは対応できません。それに補償対象が対人のみなので、物損事故や搭乗者の怪我の治療費などの場合は一切賠償金が支払われません。

そう考えると、自分のためにも相手のためにも任意保険には必ず入っておくべきだと思います。


対人・対物は無制限

対人賠償保険と対物賠償保険の補償金額の設定は、「無制限」にしておくことをおすすめします。なぜかというと、数千万という額ではいざという時に対応できないからです。

実際に対人、対物の事故では1億を超える賠償金が請求されることもあります。そんな時に、補償金額の設定を数千万円にしておくと、足りない分の賠償金は自分で補わなければいけません。


払えなかったら膨大な借金を背負うことになり、人生を棒に振るうかもしれません。それでは保険に入っている意味もあまりないような気がします。ですので、対人・対物の補償金額は無制限にしておくのが無難だと思います。

対人賠償保険とは
対物賠償保険とは

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険は補償内容がかぶっているところも多く、「どちらかでいいのでは」と思う方もいると思います。

それは確かに間違っていないのですが、人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険では支払い方法の違いがあるので、一概にどちらかでいいとも言えません。

まず、「人身傷害補償保険」は、支払われる保険金が確定してから保険金が支払われるのに対し、「搭乗者傷害保険」は、4日以内の入院で10,000円、5日以上の入院で100,000円などの保険金の算出方式になっています。


また、「搭乗者傷害保険」は保険金の支払われるのが早いので、すぐに入院費や通院費に当てることができます。もし、どちらかを外すのであれば、「搭乗者傷害保険」を外すのが一般的です。

「人身傷害補償保険」の補償金額は、3,000万円、5,000万円に設定している方が多いようです。無制限している方もいますが、「おとなの自動車保険」の2014年3月末のデータによると15%程にとどまっています。

このあたりは、年齢によって死亡事故を起こした時や後遺障害が残る場合の「逸失利益」は違うので、若いうちは高めにしておいたほうがいいかもしれません。

人身傷害補償保険とは
搭乗者傷害保険とは

保険料を安くしたかったら車両保険は外す

車両保険は、車種などにもよりますが結構保険料の負担になります。ですので、保険料をできるだけ安くしたいのであれば、車両保険を外すのも手の一つだと思います。

また、免責額を高くしたり、補償内容を限定することで車両保険は安くできるので、最低限の車両保険だけでも付けておくのも手の一つだと思います。

このあたりは実際に見積もりを出して、車両保険がありとなしではどのくらい差があるのか、補償内容を限定した場合はどのくらい差があるのか、比べてみて決めるといいと思います。

車両保険とは

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ