30代自動車保険 加入例【トヨタ ヴィッツ 30歳女性】

運転者・車の情報
年齢・性別
30歳・女性(独身)
保険始期
平成28年1月
車名
トヨタ ヴィッツ
型式
KSP130
初度登録年月
平成26年4月
補償内容
対人賠償保険
無制限
対物賠償保険
無制限
人身傷害補償保険
3,000万円
無保険車傷害保険
2億円
自損事故保険
1,500万円
搭乗者傷害保険
なし
車両保険種類
車体車+限定A
車両金額
85万円
車両自己負担額
5-10万円
限定条件・割引
使用目的
通勤・通学
ノンフリート等級
12等級
年齢条件
26歳以上
運転者限定
本人限定
年間走行距離区分
なし
ゴールド免許割引
あり
インターネット割引
10,000円
証券不発行割引
500円
年間保険料
26,780円

※参照「SBI損保の自動車保険


ポイント

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s


30歳独身女性の自動車保険の加入例です。車の利用は、通勤と買い物やレジャーに使用するとのことなので、「使用目的」は「通勤・通学」となっています。

この方元々搭乗者傷害保険に2000万円加入していましたが、「長い休みのある時は遠出の旅行をするので、なるべく補償内容を変えないで保険料を安くしたい」とのことで、搭乗者傷害保険の外し、保険料が5,000円から26,780円に安くなっています。

搭乗者傷害保険は外してしまいましたが、似たような補償内容の人身傷害補償保険が3,000万円付いているので特に問題はないと思います。



割引は、インターネット割引と証券不発行割引で10,500円。SBI損保の自動車保険は新規契約時だけではなく、更新時もインターネット割引は10,000円なので、この10,500円の割引は毎年適用されます。(変更になる可能性はあります。インターネット割引が5,500から10,000円に変わりました)

他にもゴールド免許割引もあるので、SBI損保では約20%の割引されます。

年間走行距離区分は、SBIでは年間走行距離区分の選択がないので、なしとなっています。



車両保険は、補償の種類が「車体車+限定A」となっているので、車やバイクとの接触・衝突事故、盗難・いたずら・落書き、窓ガラスの損害・飛び石による損害、火災・爆発・台風・洪水・高潮などの災害時の場合には補償されますが、自転車との接触・衝突事故、電柱・建物などとの衝突や接触などの単独事故、あて逃げ、転覆・墜落の場合は補償対象外となります。

こちらの対象外の選ばれてる事故で補償を受けたい場合は、車両保険の補償の種類を「一般車両」にする必要があります。



また、車両自己負担額(免責)は「5-10万円」となっているので、車両保険を利用する場合、初回の事故の場合は5万円までは自己負担、二回目以降は10万円まで自己負担となります。

自己負担額(免責)は自分への負担が多くなればなるほど、保険料も安くなる仕組みとなっています。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ