40代自動車保険 加入例【ホンダ ステップワゴン 49歳男性】

運転者・車の情報
年齢・性別
49歳・男性(既婚)
保険始期
2016年1月
車名
ホンダ ステップワゴン
型式
RK6
初度登録年月
2012年1月
補償内容
対人賠償保険
無制限
対物賠償保険
無制限
人身傷害補償保険
3,000万円
無保険車傷害保険
無制限
自損事故保険
人身傷害補償保険で補償
搭乗者傷害保険
なし
車両保険金額
255万円
車両自己負担額
10-10万円
車両無過失事故特約
あり
ロードアシスタンス特約
あり(+1,280円)
弁護士費用特約
あり(+1,600円)
個人賠償責任特約
あり(+1,780円)
限定条件・割引
使用目的
日常・レジャー
使用地域
神奈川
ノンフリート等級
20等級
年齢条件
運転者限定
限定なし(同居の子年齢条件設定)
年間走行距離区分
5,000km以下
ゴールド免許割引
証券不発行割引
600円
早割
600円
年間保険料
33,760円

※参照「セゾン自動車火災保険のおとなの自動車保険


ポイント

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s


49歳既婚男性の自動車保険の加入例です。この方には20歳の息子がおり、息子さんも車を運転するようなので、運転者限定が「限定なし」となっています。

「セゾン自動車火災保険のおとなの自動車保険」では、保険料の額が関係なくインターネット割引の額が1万円となっています。また、継続時も割引額は1万円なので、翌年継続するときに保険料が急に上がるということも起きづらいと思います。



また、ロードサービスが自動的には付いていないので、ロードサービスを受けたい方はロードアシスタンス特約をつける必要があり、ちゃんとつけています。

ロードサービスは付けておいたほうがいいですが、既にJAFなどのロードサービスを利用している方なんかはロードアシスタンス特約を付けないことで保険料の節約にもつながります。



車両保険に関しては、車同士の事故のみ車両保険に入っており、自己負担額も「10-10万円」と高くなっているので、車両保険は8,980円と比較的安くなっています。

また、日常生活の事故で補償される特約「個人賠償責任特約」は、示談交渉サービス付きということが好印象だったようで付帯したようです。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ