2016年自動車保険満足度ランキング

1ef3f317dee230bb0b0a0ad0ed5860b1_s


価格.comの方で新しく2016年の自動車保険満足度ランキングが出ていたので紹介したいと思います。今回は、「総合」「保険料」「補償内容」「顧客対応」「事故対応」の5つの部門からランキングがでています。

前回は、「総合」「保険料」「サービス」「事故対応」の4部門でしたので、少し変化がありました。

⇒「自動車保険 満足度ランキング(2016年)


総合満足度ランキング

1位 SBI損害保険 76.89ポイント
2位 セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険) 76.55ポイント
3位 三井ダイレクト損害保険 76.49ポイント
4位 イーデザイン損害保険 76.43ポイント
5位 チューリッヒ保険会社 75.94ポイント

6位 アクサ損害保険 75.84ポイント
7位 ソニー損害保険 73.87ポイント
8位 アメリカンホーム保険会社 73.15ポイント
9位 AIU損害保険 71.65ポイント
10位 日新火災海上保険 71.25ポイント



今回も2015年同様総合ランキング1位は「SBI損保」でした。前回から引き続き2連覇達成です。今回1位に輝いた理由としては、前回同様保険料が安いという声が多く、保険料部門でも1位に輝いています。ちなみに私も、前年から引き続き「SBI損保」を利用しています。

最近では保険料の改定がありましたが、インターネット割引が5,500円から10,000円と上がっており、ゴールド免許割引の割引率も約10%から約20%に上がりました。


2位に輝いたのが、前回4位だった「セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)」で、3位は「三井ダイレクト損害保険」となっています。

「セゾン自動車火災保険」が2位になった理由としては、保険料や補償内容に対する評価が高く、保険料部門では2位、補償内容部門では1位に輝いています。


3位は前年2位だった「三井ダイレクト損害保険」ですが、高評価の理由は、全体的に評価が高く、保険料部門では3位、補償内容部門では4位、顧客対応、事故対応ともに8位となっており、全体的に高評価なのが3位という順位につながっているのだと思います。


ではほかの部門別ランキングも見てみましょう。

保険料満足度ランキング

1位 SBI損害保険 83.88ポイント
2位 セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険) 78.85ポイント
3位 三井ダイレクト損害保険 77.98ポイント
4位 アクサ損害保険 77.75ポイント
5位 イーデザイン損害保険 77.44ポイント
6位 チューリッヒ保険会社 76.44ポイント
7位 アメリカンホーム保険会社 73.43ポイント
8位 ソニー損害保険 72.17ポイント
9位 そんぽ24損害保険 68.56ポイント
10位 AIU損害保険 64.38ポイント

補償内容満足度ランキング

1位 セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険) 78.58ポイント
2位 イーデザイン損害保険 77.59ポイント
3位 チューリッヒ保険会社 77.15ポイント
4位 三井ダイレクト損害保険 76.40ポイント
5位 アクサ損害保険 76.07ポイント
6位 SBI損害保険 74.61ポイント
7位 ソニー損害保険 74.49ポイント
8位 東京海上日動火災保険 74.21ポイント
9位 アメリカンホーム保険会社 73.24ポイント
10位 AIU損害保険 72.33ポイント

顧客対応満足度ランキング

1位 AIU損害保険 76.85ポイント
2位 日新火災海上保険 76.30ポイント
3位 あいおいニッセイ同和損害保険 74.85ポイント
4位 損保ジャパン日本興亜 74.49ポイント
5位 東京海上日動火災保険 74.47ポイント
6位 ソニー損害保険 74.28ポイント
7位 富士火災海上保険 73.91ポイント
8位 三井ダイレクト損害保険 73.63ポイント
9位 イーデザイン損害保険 73.16ポイント
10位 三井住友海上火災保険 73.00ポイント

事故対応満足度ランキング

1位 日新火災海上保険 81.01ポイント
2位 富士火災海上保険 79.55ポイント
3位 三井住友海上火災保険 78.74ポイント
4位 AIU損害保険 78.25ポイント
5位 東京海上日動火災保険 77.67ポイント
6位 損保ジャパン日本興亜 77.60ポイント
7位 あいおいニッセイ同和損害保険 77.48ポイント
8位 三井ダイレクト損害保険 76.89ポイント
9位 イーデザイン損害保険 76.56ポイント
10位 ソニー損害保険 76.11ポイント



保険料の満足度ランキングでは、「SBI損保」が2位と約5ポイントほどの差をつけて、ぶっちぎりの1位となっています。前年度も2位と4.5ポイントほどの差をつけて1位でしたので、SBI損保は保険料の満足度はかなり高いと言えると思います。

それに比べて2位から5位までは1.5ポイントほどしか差がないので、保険料の満足度もそこまでは変わらないようですが、すべて通販型(ダイレクト型)の自動車保険となっており、通販型の自動車保険のほうが、保険料も満足度が高いことが見て取れると思います。


補償内容満足度ランキングでは、「セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)」が1位になっていますが、5位までとのポイントが2.5ポイントほどしか差がないので、補償内容の満足度に関してはそこまで差がない結果となっています。

また、1位から5位までの保険会社はすべて通販型の保険会社となっており、保険料同様補償内容に関しても、通販型の自動車保険のほうが満足度が高いようです。


顧客対応満足度ランキングでは、1位は「AIU損害保険」となっており、その理由は、親身になって親切に対応してくれたなど、顧客に対する対応がとても親切な部分が評価されているところが大きいようです。

顧客対応の満足度は、1位から5まですべて代理店型の自動車保険となっており、代理店とういうことでの対応の良さや安心感などの満足度が高いようです。


事故対応満足度ランキングでは、「日新火災海上保険」が1位で、唯一の80ポイント越えとなっています。

事故対応満足度は、相変わらず上位にいるのは代理店型の保険会社となっており、やはり直接担当者に会って契約するほうが安心感が高く、事故対応のスムーズに行えたなどの声も多いようです。


まとめ

こうやって見ていくと、保険料や補償に関しては通販型の自動車保険、事故対応や顧客対応に関しては代理店型の自動車保険という流れはまだまだ変わらないようです。

年々事故対応なども通販型の評価が上がってきてましたが、まだまだ代理店型の満足度には及ばないようです。


これらを踏まえると、保険料や補償内容を重視したい方は「通販型の自動車保険」、事故対応や顧客対応を重視したい方は「代理店型の自動車保険」を選ぶと、自分に合った自動車保険を探しやすいかと思います。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ