ソニー損保の自動車保険

274306


「ソニー損保の自動車保険」といえば、瀧本美織さんが出ているテレビCMが有名なのでご存知の方も多いかと思います。テレビCMでも言っているように通販型(ダイレクト型)自動車保険13年連続売上1位という、とても人気のある保険会社です。(イメージキャラクターは瀧本美織さんから唐田えりかさんに変わりました)

ソニー損保の特徴といえば、テレビCMでもお馴染みの「保険料は走る距離だけ」というキャッチフレーズが有名ですが、年間走行距離を「3,000km以下」~「無制限」の7区分から選ぶことができ、年間走行距離が少ないほど保険料が安くなるシステムをとっています。

ソニー損保の自動車保険は、「保険の窓口インズウェブ」の一括見積もり・比較の保険会社に含まれているので、「保険の窓口インズウェブ」を利用すれば、ソニー損保と他の保険会社の見積もりを出して比較することができます。⇒自動車保険見積もりのインズウェブ


通販型(ダイレクト型)自動車保険なのに事故対応満足度が高い

ソニー損保は通販型(ダイレクト型)自動車保険にもかかわらず、2015年の価格.com2015年自動車保険満足度ランキング「事故対応」部門で見事5位に輝いています。

通販型の場合は、代理店型の自動車保険と違い実際に担当者と合って契約しないため、信用という意味では代理店型に劣るので、事故対応に不安を持っている方も多く、満足度も上がりづらいのですが、そんな中2015年にして初めて価格.comのランキングで5位に入りました。

ちなみに1位から4位までは代理店型の自動車保険で、2013年、2014年も代理店型の自動車保険が1位から5位まで占めています。

その他には、株式会社J.D. パワー アジア・パシフィックが実施した、2015年日本自動車保険事故対応満足度調査でも1位に輝いており、事故対応の満足度の高さが伺えると思います。

ソニー損保では8万件程の事故の満足度のデータを公開しており、ユーザーの満足や不満の声を見ることもできます。⇒お客様の満足・不満の声(ソニー損保)


走行距離が繰り越せる

年間走行距離は契約時の大体の予想で距離区分を選ぶわけですが、実際一年経ってみたら選んだ距離区分より走行距離が余ってしまうこともあります。

そういう時ソニー損保では「くりこし割引」といって、余った走行距離が1,000km以上だった場合は、翌年の保険更新時に保険料を割引してくれます。

逆に走行距離区分をオーバーしてしまった場合は、契約1年目のみ連絡して差額分の保険料を払う必要があります。2年目以降は「こえても安心サービス」が適用されるので、連絡や差額分の保険料を払う必要はありません。

※ただし、こえても安心サービスが適用されるには条件があります。こえても安心サービスが適用されない場合は1年目と同じように連絡して差額分を払う必要があります。

こえても安心サービスが適用される条件

1.前年の契約について契約車両の使用目的の変更がなかったこと
2.前年の契約がソニー損保でのご契約であること
3.前年の契約および継続契約の契約車両の使用目的が「主に家庭用」であること

以上の3つの条件を満たし、前年の契約の「走った距離」に対応する契約距離区分で継続した場合に自動的に適用されます。


優待サービスや割引クーポンも

ソニー損保に契約すると、レジャー、ホテル、ショッピング、映画など様々な暮らしに役立つサービスを会員優待価格で利用することができます。その他にも、ソニーストアのクーポンをゲットでき利用することもできます。

詳しくはこちらをご覧ください⇒ソニー損保の契約者優待サービス


補償内容・割引・特約・ロードサービスなど

補償内容
割引サービス
運転者年齢条件・・・「全年齢」「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」
車の使用目的・・・「主に家庭用」「主に業務用」
年間走行距離・・・「3,000km以下」「5,000km以下」「7,000km以下」「9,000km以下」「11,000km以下」「16,000km以下」「無制限」
車種・型式
インターネット割引・・・8,000円(継続時は2,000円)
運転者限定割引・・・1~7%
くりこし割引
ゴールド免許割引・・・10%
新車割引・・・5%
継続割引・・・1~2%
電気自動車割引・・・1,000円
証券ペーパーレス割引(証券不発行割引)・・・500円
セカンドカー割引・・・7等級からスタート
・マイページ新規申込割引・・・1,000円(2台目以降の車をマイページから申し込むと1,000円割引)
・継続時複数契約割引・・・1,000円(2台以上の自動車保険を契約している場合、継続・更新する場合1,000円割引)
特約
ロードサービス
・全国サービス箇所・・・約9,000箇所
・24時間365日対応
・応急作業(バッテリー上がりやパンク時のタイヤ交換など)・・・回数制限なし
・無料レッカーけん引
  各社が指定する工場まで・・・無制限
  お客様希望先まで・・・50km(超えた分は1kmあたり400円)
・宿泊・帰宅費用(自宅からの距離制限はなし)・・・金額の制限なし(※ただし宿泊は1泊のみでホテルはビジネスクラス)

補償内容に関しては、「ドライバー保険」がないのと、「無保険車傷害保険」と「自損事故保険」は、「人身傷害補償保険」と内容が重複するところがあるということで2012年に廃止されています。

※当サイトで記載している情報は各保険会社の公式サイトに基づいて紹介していますが、万が一間違いや内容の変更などが行われている場合があるかもしれませんので、保険会社と保険契約する際は必ず各保険会社のサイトなどで内容の確認を行ってから契約するようにお願いします。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ