保険料の満足度が高い!SBI損保の自動車保険

274306


「SBI」といえば、「SBI証券」や「住信SBI銀行」など幅色い事業に参入しているのでご存知方も多いかと思います。SBI損保では、自動車保険だけでなく、がん保険や医療保険、火災保険など様々な保険を取り扱っている保険会社です。

実は私も現在利用しており、もう3年ぐらいSBI損保の自動車保険の方でお世話になっています。(ちなみにまだお世話になったことはないですが)利用している感想ですが、正直まだお世話になっていないのでわかりません。

ちなみに何故SBI損保にしたかというと、単純に安かったからです。自動車保険一括見積り・比較サービスを利用して、私の条件ではSBI損保が安かったのと、補償内容やサービスなどと照らし合わせてここに決めました。

SBI損保の自動車保険は、「保険の窓口インズウェブ」の一括見積もり・比較の保険会社に含まれているので、「保険の窓口インズウェブ」を利用すれば、SBI損保と他の保険会社の見積もりを出して比較することができます。⇒自動車保険見積もりのインズウェブ



保険料の満足度は業界トップ

SBI損保は保険料に対してのユーザーの満足度が非常に高く、「週刊ダイヤモンド自動車保険料ランキング7年連続1位」「週刊ダイヤモンド自動車保険料ランキング7年連続1位」「オリコン顧客満足度ランキング 保険料の満足度6年連続第1位」「JCSI2014年度損害保険業種の顧客満足度第1位」「2015年版 価格.com自動車保険満足度ランキングで総合満足度・保険料満足度1位」など保険料の満足度では、圧倒的なユーザーの支持を受けています。

また、2015年の価格.comの満足度ランキングでは、保険料だけでなく総合満足度でも1位になっている満足度の高い保険会社となっています。


ゴールド免許なら保険料は約20%割引

以前まではゴールド免許での割引額は約10%でしたが、2015年10月1日に自動車保険の改訂が行われ、割引額が約20%と倍になりました。

20%といえばゴールド免許の割引率としてはかなり高いので、ゴールド免許の方はかなりお得だと思います。


自転車での事故にも対応

SBI損保では「自転車事故補償特約」を付帯することができるので、自転車での事故も補償を受けることができます。

特徴としては、自転車での事故で自分が怪我したり相手を怪我させてしまった場合に補償を受けることができ、補償を受けられる対象となるのは本人だけでなく家族も補償されるので、よく自転車によく乗る主婦の方やお子様がいる方なんかにはおすすめの特約です。

補償額は1事故につき最大1億円となっており、実際の自転車の事故の事例で損害賠償額が5,000万円を超えるような事故も発生しているので、いざという時に役立つと思います。

事例1

男性が夕方、ペットボトル片手に下り坂をスピードを落とさずに交差点に侵入し、横断歩道の渡っていた女性(38歳)と衝突。女性は脳挫傷などで3日後に死亡。賠償額は6,779万円。

事例2

男性が昼間、信号無視して高速度で交差点に侵入し、青信号の横断歩道を渡っていた女性(55歳)と衝突。女性は頭蓋内損傷などで11日後に死亡。賠償額は5,438万円。

※これらの事例は日本損害保険協会発行「知っていますか?自転車の事故」に記載されているものです。


補償内容・割引・特約・ロードサービスなど

補償内容
割引サービス
運転者年齢条件・・・「全年齢」「21歳以上」「26歳以上」
車の使用目的・・・「日常・レジャー」「通勤・通学使用」「業務使用」
車種・型式
インターネット割引・・・10,000円(継続時も同じ)5,500円から変更
運転者限定割引・・・約1~8%
ゴールド免許割引・・・約20%
新車割引・・・約9%
証券不発行割引・・・500円
特約
ロードサービス
・全国サービス箇所・・・約9,660ヵ所(2014年3月末現在)
・24時間365日対応
・応急作業(バッテリー上がりやパンク時のタイヤ交換など)・・・30分程度の緊急対応を無料(※2015年4月1日以降のご契約より、保険期間を通じて合計2回までが無料)
・無料レッカーけん引
  修理工場まで・・・無制限
  お客様希望先まで・・・50kmまで無料
・宿泊・帰宅費用
  帰宅費用・・・1名20,000円まで(1タクシー・レンタカーは1台30,000円まで)
  宿泊費用・・・1名1泊15,000円まで(1泊目のみ)
  修理後車両搬送引取り費用・・・100,000万円まで
・ガソリン補給サービス・・・10Lまで無料
・落輪引き上げ・乗り上げ時の引き降ろしサービス
・SBI損保GPSナビ(位置情報通知)

※当サイトで記載している情報は各保険会社の公式サイトに基づいて紹介していますが、万が一間違いや内容の変更などが行われている場合があるかもしれませんので、保険会社と保険契約する際は、必ず各保険会社のサイトなどで内容の確認を行ってから契約するようにお願いします。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ