ソニー損保のサービス、くりこし割引について

f6d4358d554439a1a5f1e401f5558921_s


くりこし割引は「ソニー損保」が行っている割引サービスで、年間走行距離で保険料が変わるソニー損保では、保険契約時もしくは更新時に設定した距離区分で余った分を、翌年に持ち込めるというサービスです。

具体的に言うと、保険期間中に実際に走った走行距離が、契約距離区分の上限キロ数を、1,000km以上下回る場合は、その差額保険料に相当する額を、翌年の保険料から割引してくれます。



年間走行距離の設定は、保険契約時もしくは更新時に行い、実際に走った距離ではなく、予定年間走行距離で申請しなくてはいけません。ですので、思ったより走らなかったなあなんてときに役立つ割引サービスです。

ただあくまで割引サービスなので、走らなかった場合の保険料を返金してくれるというサービスは行われていません。

具体例

年間走行距離区分を「5,000km以下」に設定していましたが、その年は「3,500km」しか走りませんでしたので、余った「1,500km」に対する保険料を算出して翌年の保険料から値引きしてもらえます。

「5,000km(設定距離区分)」-「3,500km(実際に走った距離)」=「1,500km(割引対象)」

※上でも書きましたが、差分の距離が1,000km以上でないと割引対象になりません。



ちなみに、年間走行距離が予定年間走行距離を超えてしまった場合は、超えたことを保険会社に伝えて、距離区分を変更して、超えた分の差額の保険料を支払う必要があります。

詳しくはこちら⇒年間走行距離が少ないと保険料が割引される

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ