免許書の色で保険料が割引される(ゴールド免許割引)

130030


自動車保険の任意保険には「ゴールド免許割引」といって、免許証の色がゴールドになると保険料を割引してくれます。

なぜ、ゴールド免許になると割引になるかというと、ゴールド免許の方は少なくとも5年以上事故や違反を起こしていませんので、事故を起こす可能性が低い方は保険料が安くなるという、免許を取得してからの実績が評価される割引です。



●ゴールド免許割引の割引率

割引率は、保険会社によって違いますが大体6~10%ほどなので、保険料が高いうちはそこそこ保険料の割引が期待できます。(最近では割引率が20%ほどの保険会社もあるので、かなりの割引を期待できます。例:SBI損保など)

割引になるのはゴールドのみで、グリーンやブルーの場合は特に何もありません。また、全ての保険会社で「ゴールド免許割引」が行われているわけではなく、やってるところが多いですが、まれにやってないところもあります。

「ゴールド免許割引」が適用されるのは、免許証の色がゴールドになった時ではなく、ゴールドになって次の更新時、もしくは契約時になるので、ゴールド免許になったからすぐに申請しても、割引分の保険料が還付されることはありません。逆に、ゴールドからブルーになった場合も、次回の保険契約時まで「ゴールド免許割引」の対象となるので、途中でブルーに変わったからといって、契約変更や差額保険料を支払う必要はありません。


ゴールド免許になるには

ゴールド免許になるのは、5年以上無事故無違反でいるとゴールド免許になります。(厳密には5年と41日になります)

最短でゴールド免許になるのは、最初はグリーンからのスタートになり、3年後に免許の更新になるので、3年後にブルーになります。そしてまた3年後に免許の更新になるので、ここで免許を取得してから無事故無違反ならゴールド免許になります。

ちなみに免許の種類は、「グリーンの3年」「ブルーの3年」「ブルーの5年」「ゴールドの5年」の4種類があり、「グリーンの3年」は最初の3年間だけです。



「ブルーの3年」と「ブルーの5年」の違いは、過去5年間が3点以下の軽微な違反が1回のみの方は「ブルーの5年」になり、それ以外の場合はブルーの3年になります。(無事故無違反のゴールドは除く)

「ゴールド免許割引」を目指したい方は、当たり前ですが安全運転をして、無事故無違反を目指しましょう。安全運転というのは、自分自身も相手方も守る行為です。

急な事故などは仕方ないにしても、スピードの出しすぎや、シートベルトの着用、運転中の携帯電話の使用など、違反というのは自分さえが注意すれば超えり得ないことですから、安全運転を頑張るのではなく、安全運転を当たり前にしてゴールド免許を継続していきましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ