年齢条件によって割引率が変わる

353526


自動車保険の任意保険には「年齢条件」といって、補償を受けられる対象の年齢を設定することによって、保険料が高くなったり安くなったりします。

年齢条件は、「全年齢補償」「21歳以上補償」「26歳以上補償」「30歳以上補償」「35歳以上補償」の5つの種類があり、意味は「全年齢補償」の場合は全年齢の方が対象で、「35歳以上補償」の場合は35歳以上の方が対象になり、他の年齢も、言葉の意味と同じになっています。



一応、全部で5種類の「年齢条件」があるを言いましたが、保険会社によって、「30歳以上補償」や「35歳以上補償」がなかったりと、結構保険会社によって違うので、すべての保険会社が5種類の「年齢条件」に対応しているわけではないです。

また、「セゾン自動車火災保険のおとなの自動車保険」は年齢条件が一歳刻みとなっており、少し特殊な保険会社もあります。

年齢条件の種類

・全年齢補償・・・全年齢の方が補償対象
・21歳以上補償・・・21歳以上の方が補償対象
・26歳以上補償・・・26歳以上の方が補償対象
・30歳以上補償・・・30歳以上の方が補償対象
・35歳以上補償・・・35歳以上の方が補償対象


年齢条件の加入例

ではここで、年齢条件の加入例を挙げてみましょう。車に乗るのが本人だけという方は、保険契約者本人の年齢条件が適用できる、一番高い年齢条件を選べばいいのですが、同じ車に配偶者や自分の子供などが車を運転するという方もいると思います。

例えば、夫が31歳の場合は、「30歳以上補償」の年齢条件を選べばいいのですが、妻が29歳の場合、妻が運転して事故を起こした場合は補償対象になりません。

ですのでこの場合は、「30歳以上補償」ではなく、「26歳以上補償」の年齢条件を選ぶ必要があります。



また、親が40歳過ぎてて「35歳以上補償」を選んでいたとしても、息子も車に乗れる年齢になり、18歳で息子が親の保険契約している車に乗る場合、「全年齢補償」にしておかなければ、18歳の息子が事故を起こしたとき、補償対象になりません。

この辺りは、「年齢条件」だけでなく「運転者の範囲(運転者限定特約)」によっても違ってきます。

「運転者の範囲」とは、運転者を限定することで補償対象者が違ったり、保険料が安くなったりするのですが、「運転者の範囲」については詳しくは別のページを紹介していくので、詳しくはそちらを見てください。

運転者の範囲について

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ