ファミリーバイク特約とは・保険料は?

357894


ファミリーバイク特約とは、記名被保険者とその家族が原動機付自転車を運転中に事故を起こした場合に補償される特約です。保険会社によっては「原付特約」と呼ばれることもあります。

補償範囲は、「人身傷害型(人身傷害あり)」「自損傷害型(人身傷害なし)」に2種類から選ぶことができ、「人身傷害型」は補償内容が、「対人賠償」「対物賠償」「人身傷害」となっており、「自損傷害型」は、「対人賠償」「対物賠償」「自損事故傷害」となっています。

(ただし、人身傷害型に人身傷害をつけるには、人身傷害補償保険に加入していることが条件となります。また、保険会社によって補償内容など多少違う可能性もあるので、気になる方は各保険会社で補償内容を確認してください。)



主に、原動機付自転車に乗る、もしくは家族で乗る方がいる方がつける特約です。ファミリーバイク特約は基本的に任意のオプションとなっていることがほとんどだと思うので、原動機付自転車に乗らない、家族にも乗る方がいないのであれば特に付ける必要はありません。

原動機付自転車とは

原動機付自転車とは、50cc以下のミニバイクのことをいいますが、正確には「第一種原動機付自転車」といい、50cc以上~125cc以内のミニバイクを「第二種原動機付自転車」といいます。ファミリーバイク特約では、「第一種原動機付自転車」、「第二種原動機付自転車」の両方が対象となります。

乗るのに必要な免許は、「第一種原動機付自転車」は原付免許を取得すれば乗れますが、「第二種原動機付自転車」に乗るには小型自動二輪免許が必要です。

第一種と第二種では結構違いもあり、制限速度は「第一種」は30キロで「第二種」は60キロとか、「第二種」では二人乗りができたりとか、ナンバープレートの色が、50cc以下が白、50cc以上90cc以下がピンク、90cc以上125cc以下が黄色など、見た目で何ccかなかなか分かりづらい原動機付自転車ですが、プレートの色で何ccか判断できるようになっています。


年齢条件や運転者の限定はなし

ファミリーバイク特約では、年齢条件や運転者の限定などはないので、被保険者やその家族が原動機付自転車で事故を起こした場合に補償を受けることができます。


普通に任意のバイク保険に加入するより安くなる

原動機付自転車に乗る、もしくは家族で乗る方がいるのであれば、普通に任意のバイク保険に加入するより、ファミリーバイク特約をつけた方が保険料は安くなる可能性も高いです。

ただ、ファミリーバイク特約を長く使うのであれば、ノンフリート等級のことなどもあるので、普通に任意のバイク保険に加入したほうが将来的には安くなる可能性が高いです。

ですので、長く保険に入るつもりなら、普通に任意のバイク保険に加入して、子供などが高校生や大学生の時に数年だけ乗るみたいに、あまり長い期間原動機付自転車にならないのであれば、ファミリーバイク特約を利用するといいと思います。


ファミリーバイク特約の保険料は?

ファミリーバイク特約の保険料は、保険会社によって多少差があると思いますが、大体人身傷害なしの場合で8,000円~9,000円前後で、人身傷害ありの場合で25,000円前後ほどです。

ファミリーバイク特約でなく、125㏄以下のバイク保険に加入する場合の保険料は、保険会社によって違いはありますが、全年齢補償で初めて加入するケースで大体30,000円前後ぐらいで、21歳以上補償で20,000円前後ほどとなっています。

これは人身傷害なしの価格なので、ファミリーバイク特約のほうが保険料はかなり安いです。

ただし、バイク保険も自動車保険と同じように等級もあるので、事故を起こして保険を利用しなければ、長く加入していると等級も上がって保険料が安くなっていきます。

ファミリーバイク特約がある保険会社

・ソニー損保
・SBI損保
・イーデザイン損保
・アクサダイレクト
・セコム損保
・チューリッヒ(原付特約)
・三井ダイレクト損保(原付特約)
・そんぽ24
・セゾン自動車火災保険
・エース保険
・ゼネラリの自動車保険ビアンカ
・あいおいニッセイ同和損保
・朝日火災海上保険
・共栄火災海上保険
・損保ジャパン日本興亜
・東京海上日動火災保険
・日新火災海上保険
・三井住友海上の「GK クルマの保険・家庭用」
・AIU保険(弁護士費用等補償特約) など

※カッコ内は各保険会社の名称です


サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ