レンタカー費用はいくら?事故時レンタカー費用特約とは

Print


事故時レンタカー費用特約とは、事故を起こした時にレンタカーを借りた際にかかる費用を補償してくれる特約です。

保険会社によっては、「車両損害に関するレンタカー費用補償特約」「事故時代車費用特約」「代車費用補償特約」などとも呼ばれています。


主にどんなときに補償される特約かというと、事故を起こして自分の車を修理に出している時に、レンタカーを借りた場合に補償されます。

あくまで事故を起こした時に借りたレンタカーになるので、事故ではなく普通に乗っていて故障した場合や、レンタカーではなく知人などに車を借りた場合は補償の対象外になります。

補償金額は、「ソニー損保」では契約時に設定した金額が上限となっており、「イーデザイン損保」では、一日5,000円が限度で期間は30日までとなっています。



ここまで説明を読んでくれた方ならお気付きだと思いますが、事故を起こした時に帰宅手段としてはレンタカーを借りるのとは別物です。

帰宅手段でレンタカーを借りるのは、各保険会社のロードサービスで行われているサービスなので、事故を起こした時に帰宅手段としてはレンタカーを借りる場合はロードサービスから利用することになります。

レンタカーのレンタル費用

レンタカーの費用は、レンタカー会社や借りる車の車種によって違いがありますが、一日借りると大体5,000円~10,000円ぐらいが相場となっています。


どんな人に必要?

事故時レンタカー費用特約は、どんな方が付けておいたほうが良い特約かというと、日常的に車になる方です。

会社の通勤などで車を使うなど日常的に車に乗る方は、事故時レンタカー費用特約を付けておくと、事故を起こして車を修理に出している時に役立つと思います。


逆に普段あまり車に乗らない方にはあまり必要ないと思います。

車にあまり乗らないのであればレンタカーを借りる必要もないでしょうし、何日もレンタカーを借りるのでなければ補償もたいして受けられませんから、あまり必要のない特約だと思います。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ