他車運転危険補償特約(他車運転特約、他車運転危険担保特約)とは

175626


他車運転危険補償特約(他車運転特約、他車運転危険担保特約)とは、借りた車で事故を起こした際にも自分の保険を使うことができる特約です。

他人の車を運転中に事故を起こした場合でも、自分の保険を優先して使うことができるので、他人の保険を使うとノンフリート等級が下がったり次回の保険料が高くなる可能性もあるので、極力迷惑をかけないようにもできます。(レンタカーは除く)

対象となる車は自家用8車種で、主な補償内容の範囲は、対人事故、対物事故、自損事故、車両事故の場合になります。

自家用8車種

・自家用普通乗用車
・自家用小型乗用車
・自家用軽四輪乗用車
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
・自家用小型貨物車
・自家用軽四輪貨物車
・特種用途自動車(キャンピング車)


また、「他社運転危険補償特約」がついてない保険会社でも、基本サービスで対人賠償保険、対物賠償保険に含まれていることも珍しくないので、「他社運転危険補償特約」がないからといって上記のようなサービスが受けられないというわけでもありません。(そのあたりや詳しい内容等は保険会社のよって違う場合もあるので、各保険会社で確認してください)

補償となる対象者

・記名被保険者
・記名被保険者の配偶者(内縁関係を含む)
・記名保険者と配偶者の同居親族
・記名保険者と配偶者の同居している未婚の子


他人の車でも常用している場合は保険金が支払われない

例えば、友達の車の場合は、たまにしか借りないのであれば問題ないですが、よく借りて常用しているような場合は「他社運転危険補償特約」に該当しないので、このような場合は保険金が支払われることはありません。

また、友達など他人の車でも了承を得ずに勝手に乗っていた場合も、「他社運転危険補償特約」には該当しないので注意しましょう。


他車運転危険補償特約は必要?

他車運転危険補償特約が必要かどうかは人によると思います。正直他人の車に全然乗る機会がないような方には必要ないですし、たまに乗る機会がある方は、付帯を考えてもいいと思います。

他人の車でも、その他人さんの自動車保険は基本的には使えるわけですから、あまり親しくない方の車によく乗るような機会が多い方は、付帯しておくといいかもしれません。

「親しき仲にも礼儀あり」とは言いますが、ホントに親しい関係なら、いくらでもお詫びのしようはあると思いますし、まあ許してくれるのではないでしょうか。必要かどうかは、自分の環境次第というところだと思います。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ